<< back

 

【SSD】

【Transcend】

【128GB】

【256GB】

【512GB】

【SanDisk】

【Extreme PRO】

【480GB】

【UltraII】

【480GB】

【PLUS】

【120GB】

【Crucial】

【MX200】

【250GB】

【BX200】

【240GB】

【BX100】

【250GB】

【Samsung】

【850 EVO】

【250GB】

【500GB】

【CFD】

【256GB】

【Inter 535】

【240GB】

【メモリ】
【PC3-12800】
【8GBx2】

【メモリ】
【PC3-12800】
【4GBx2】

【搭載キット】
【天井側/Upper】

【底面側/Lower】

【トルクスドライバー】

【T8】

【T6】

【セット】

【変換ケーブル】

【Super Drive】

 

 

2012.11.10 / Sat

「Mac mini Late 2012」の上段のハードディスクをマウンタに固定しないで設置する

Mac mini Late 2012

「上段(天井側)のハードディスク(SSD)」を、「マウンタ」に固定しないで「Mac mini 本体」に挿入すると、「下段(底面側)のハードディスク(SSD)」を取り出したあと、「ロジックボード」と「電源」を引き抜かなくても、「上段(天井側)のハードディスク(SSD)」を出し入れできるようになります。

Mac mini Late 2012

Mac mini Late 2012

Mac mini Late 2012

Mac mini Late 2012

Mac mini Late 2012

しかし、「Mac mini Late 2012」は、「Mac mini Mid 2011」に比べて、「上段(天井側)のハードディスク」が出し入れしづらかったです。

原因は、「ハードディスクが厚くなっているから」のようです。

Mac mini Late 2012

(画像↑)左が「Mid 2011」の「ハードディスク」で、右が「Late 2012」のハードディスクです。

「Mid 2011」は「Segate / ST9500420ASG(500GB/7200rpm)」で、「Late 2011」は「HITACHI / HTS541010A9E662(1TB/5400rpm)」です。

Mac mini Late 2012

(画像↑)左が「Mid 2011」の「ハードディスク」で、右が「Late 2012」の「ハードディスク」です。

スペック上は、どちらも「9.5mm厚」のようですが、右の「Late 2012」の「ハードディスク」の方が、厚いようです。

「Mid 2011」の場合でも、「ハードディスク」の出し入れが大変でしたが、「Late 2012」では、さらに難易度が上がっています。

Mac mini Late 2012

なお、一部画像で、電源ユニットのケーブルが、ハードディスク側にはみ出ていますが、電源ユニットの下に潜り込ませないと、さらに、「ハードディスク」の出し入れが、しにくくなりますので、ご注意下さい。

Mac mini Late 2012

 

【動画】

 

▼ 上段にマウンタだけ取り付ける

この動画をダウンロードする(99.8MB)】 

 

▼ 上段にハードディスク、下段にSSDを取り付ける

この動画をダウンロードする(43.9MB)】 

 

▼ 下段のSSDを外した後、ロジックボードを引き抜かずに、固定していない上段のハードディスクを取り外す

この動画をダウンロードする(60.5MB)】 

 

▼ 上段にハードディスク、下段にSSDを取り付け、ファンなども取り付け、元に戻す

この動画をダウンロードする(149.3MB)】 

 

 

▲ このページの先頭へ