<< back

 

【SSD】

【Transcend】

【128GB】

【256GB】

【512GB】

【SanDisk】

【Extreme PRO】

【480GB】

【UltraII】

【480GB】

【PLUS】

【120GB】

【Crucial】

【MX200】

【250GB】

【BX200】

【240GB】

【BX100】

【250GB】

【Samsung】

【850 EVO】

【250GB】

【500GB】

【CFD】

【256GB】

【Inter 535】

【240GB】

【メモリ】
【PC3-12800】
【8GBx2】

【メモリ】
【PC3-12800】
【4GBx2】

【搭載キット】
【天井側/Upper】

【底面側/Lower】

【トルクスドライバー】

【T8】

【T6】

【セット】

【変換ケーブル】

【Super Drive】

 

 

2013.05.28 / Tue
加筆修正:2015.01.09 / Fri

SSD の Trim を有効にする

内蔵ディスクを、自分で「SSD」に交換すると、「Trim」が有効になっていない場合があるそうです。

Trim Enabler icon

「有効」にしたい場合は、「Trim Enabler」というツールを使うのが簡単です。

▼ Trim Enabler / groths.org(for a better Mac universe)

Trim Enabler

「On」にして、マシンを再起動するだけです。

System Profiler

「TRIM」の「有効/無効」は、「システム情報(システムプロファイラ)」で確認できます。

Trim Off

「TRIM サポート:いいえ(上の画像)」が、「TRIM サポート:はい(下の画像)」になれば、OKです。

Trim On

「Mac OS X 10.6.8」以降であれば、「TRIM」に対応しているそうです。

最初から「SSD」を搭載しているマシンは、「TRIM」は有効になっているそうです。

トコロで、「TRIM」とは、え〜っと、「SSDの速度低下を抑える?」、「SSDの寿命を延ばす?」、という効果がある?らしいです(棒読み)。

よくわからないので、効能?は、自分で調べて下さい(丸投げ)。

不具合が起きる可能性もあるので、「導入・使用」などは、すべて「自己責任」にてお願い致します。

Yosemite で Trim Enabler を使う場合の注意点

「Yosemite」で「Trim Enabler」を使用している場合、「PRAM」をリセットすると、Macが起動しなくなる場合があるので、ご注意下さい。

「PRAM」をリセットする場合は、 必ず「Trim」を「OFF」にしてから行って下さい。

詳細は、「Trim Enabler」のサイトで確認して下さい。

▼ FAQ and support for using Trim Enabler in OS X Yosemite / Cindori

 

 

 

▲ このページの先頭へ