<< back

 

【SSD】

【Transcend】

【128GB】

【256GB】

【512GB】

【SanDisk】

【Extreme PRO】

【480GB】

【UltraII】

【480GB】

【PLUS】

【120GB】

【Crucial】

【MX200】

【250GB】

【BX200】

【240GB】

【BX100】

【250GB】

【Samsung】

【850 EVO】

【250GB】

【500GB】

【CFD】

【256GB】

【Inter 535】

【240GB】

【メモリ】
【PC3-12800】
【8GBx2】

【メモリ】
【PC3-12800】
【4GBx2】

【搭載キット】
【天井側/Upper】

【底面側/Lower】

【トルクスドライバー】

【T8】

【T6】

【セット】

【変換ケーブル】

【Super Drive】

 

 

2012.11.02 / Fri
加筆修正:2013.05.28 / Tue

「Mac mini Late 2012」のハードディスク交換(下段)

「Mac mini Late 2012」の「ハードディスクの交換方法」を解説します。

このページを参考に作業される場合は、お約束の「自己責任」にてお願い致します。

 

加筆修正:2013.05.28 / Tue 

当初、内蔵ディスクが「1台」のマシンでは、内蔵ディスクは「下段(底面側)」に設置されていました。

しかし、仕様変更があったらしく、「上段(天井側)」に設置されているモデルが存在するようです。

その場合、当サイトの説明が、当てはまらない場合があるので、ご注意下さい。

詳細は、「「Mac mini Late 2012 」の内蔵ドライブの固定位置」をご覧下さい。

 

私の「Mac mini Late 2012」は、「Server(MD389xx/A)」で、「ハードディスク(HDD)」を2台内蔵しています。

今回は、「下段(底面側)のHDD」を、「SSD」に交換しました。

「上段(天井側)のHDD」を交換するには、ロジックボードを引き抜かないといけないので、かなり大変です。

「上段(天井側)のHDD」を交換する作業は、「【動画】Mac mini Late 2012 のハードディスク交換(上段)」も、ご覧下さい。

Mac mini Late 2012 トルクス ドライバ

今回の作業には、「T-6」と「T-8」の「(星形)トルクス・ドライバー」が必要となるので、準備しておいて下さい。

 

Mac mini Late 2012

(画像↑)底面の「黒いフタ」を外し、「メモリ」も取り外した状態から始めます。

底面の「黒いフタ」の外し方は、「【動画】Mac mini Late 2012 の開け方」のページをご覧下さい。

「メモリ」の外し方は、「【動画】Mac mini Late 2012 のメモリ交換」のページをご覧下さい。

ちなみに、「メモリ」を外さなくても「HDD」の交換は可能です。

まず最初に、「ファン」を外し、そのあと「Wi-Fi アンテナの付いた金属プレート」を外しますが、この2つは、どちらを先に外しても大丈夫です。

Mac mini Late 2012 ファン

(画像↑)「ファン」を固定している「赤丸内」の3つの「ネジ」を外し、「ファン」を外します。

この「ネジ」を外すには、「T-6」の「トルクス・ドライバー」が必要です。

Mac mini Late 2012 ファン

(画像↑)「ファン」を外す際は、一気に持ち上げないようにしましょう。

「ケーブル」で、「ロジックボード」と繋がっています。

Mac mini Late 2012 ファン

(画像↑)「ケーブル」は、「コネクタ」の下に「マイナス・ドライバー」を挿し込んで外しました。

「コネクタ」は、小さくて弱いので、破壊しないように、十分注意して下さい。

Mac mini Late 2012 ファン

(画像↑)外した「ファン」と「ネジ」。

続いて、「Wi-Fi アンテナが付いた金属プレート」を外します。

Mac mini Late 2012 Wi Fi アンテナ

(画像↑)「赤丸内」の4つの「ネジ」を外します。

この4つの「ネジ」を外すには、「T-8」の「トルクス・ドライバー」が必要となります。

4つの「ネジ」を外したら、メッシュ状になっている「金属プレート」を外します。

Mac mini Late 2012 Wi Fi アンテナ

(画像↑)「金属プレート」は、「W-Fi アンテナのケーブル」で「Mac mini 本体」と、つながっているので、一気に持ち上げないようにして下さい。

Mac mini Late 2012 Wi Fi アンテナ

(画像↑)「Wi-Fi アンテナのケーブル」は、アルミボディの下を通るように、グルッと回って配線されています。

Mac mini Late 2012 Wi Fi アンテナ

(画像↑)取り付ける際に迷わないよう、ケーブルの「取り回し」を憶えておきましょう。

Mac mini Late 2012 Wi Fi アンテナ

「Wi-Fi アンテナのケーブル」を外します。

私は、「ケーブル部分」をつかんで、引き抜きました。

Mac mini Late 2012 Wi Fi アンテナ

(画像↑)外した「金属プレート」。

Mac mini Late 2012

(画像↑)「ファン」と「金属プレート」が外れた状態。

Mac mini Late 2012

(画像↑)次に、「赤矢印」部分の「黒いパーツ」を外します。

赤丸内」のネジを外します。

Mac mini Late 2012

(画像↑)この「赤丸内」の「ネジ」を外すには、「T-6」の「トルクス・ドライバー」が必要です。

Mac mini Late 2012

(画像↑)「アルミボディ」の下にも「パーツ」が延びているので、少しずつズラしながら、外します。

Mac mini Late 2012

(画像↑)外した「黒いパーツ」と「ネジ」。

Mac mini Late 2012 SATA ケーブル

(画像↑)「ハードディスク」を外すのに、「ハードディスク」と「ロジックボード」を繋いでいる「赤丸内」の「コネクタ」を外します。

Mac mini Late 2012 SATA ケーブル

(画像↑)「コネクタ」の写真手前側(ハードディスクからは遠い方)を上に持ち上げると、外れます。

「コネクタ」が2つ並んでいますが、右側は、上段(天井側)の「ハードディスク」の「コネクタ」なので、「ハードディスク」を1台しか積んでいないモデルには、この「コネクタ」には、何も挿さっていません。

Mac mini Late 2012 ハードディスク HDD 下段

(画像↑)「ハードディスク」を引き抜きます。

Mac mini Late 2012 ハードディスク HDD 下段

(画像↑)「ハードディスク」を引き抜いた状態。

「Server」モデルなので、上段(天井側)にも「HDD」が装着されています。

Mac mini Late 2012 ハードディスク HDD

(画像↑)引き抜いた「ハードディスク」は、「赤丸内」の2つの「ネジ」と「コネクタ」で繋がっているだけです。

この2つ「ネジ」は、「Wi-Fi アンテナが付いている金属プレート」に固定されるので、「金属プレート」を外すと、「ハードディスク」は、「コネクタでロジックボードと繋がっているだけ」の状態になります。

Mac mini Late 2012 ハードディスク HDD SATA ケーブル

(画像↑)「ハードディスク」に付いている「SATAケーブル」を、「SSD」に移植します。

「SATAケーブル」のコネクタは、「シール」で固定されているので、慎重に剥がします。

Mac mini Late 2012 ハードディスク HDD

(画像↑)外した「SATAケーブル」。

Mac mini Late 2012

(画像↑)それから、「ハードディスク」の片側に取り付けられている「トルクス・ネジ」を、「SSD」に移植します。

このネジを外すには、「T-8」のトルクス・ドライバーを使用します。

Mac mini Late 2012

(画像↑)この「トルクス・ネジ」は、「ハードディスク(SSD)」を、本体に固定するために必要です。

画像の、穴(赤丸内)にハメ込んで、本体に固定します。

Mac mini Late 2012 SSD crucial m4

(画像↑)「SSD」に、「SATAケーブル」と「トルクス・ネジ」を取り付けます。

Mac mini Late 2012 SSD crucial m4

(画像↑)本体に挿入します。

Mac mini Late 2012 SSD crucial m4

(画像↑)普通に挿入しようとすると、「メモリ・ソケット」に当たって、入りません。

Mac mini Late 2012 SSD crucial m4

「SSD」が、若干、大きい(厚い)ようです。

Mac mini Late 2012 SSD crucial m4

(画像↑)上の画像のように、「メモリ・ソケット側」を先に押し込み、斜めに挿入します。

Mac mini Late 2012 SSD crucial m4

(画像↑)そうすると、挿入できます。

挿入できない場合は、「ロジックボード」を引き抜くコトになります。

「ロジックボード」を完全に引き抜かなくても、「SSD」が入るだけ、約5mm程度ずらせれば良いのですが、「ロジックボードを完全に引き抜ける状態」にしないといけないので、作業は「かなり面倒」です。

なお、交換可能な「ハードディスク / SSD」は、「厚さ9.5mm以下」の製品です。

Mac mini Late 2012 SSD crucial m4

(画像↑)「コネクタ」を「ロジックボード」に接続すれば、出来上がりです。

あとは、逆の手順で、「金属プレート」とファン」を取り付けて下さい。

Mac mini Late 2012 SSD

(画像↑)「金属プレート」を取り付けた状態。

Mac mini Late 2012 ハードディスク HDD

(画像↑)搭載されていた「HDD」は、「HITACHI / HTS541010A9E662(1TB/5400rpm)」でした。

この「Server」モデルの場合は、今回、交換した「下段(底面側)のHDD」に「OS」がインストールされています。

Mac mini Late 2012 SSD crucial m4

換装した「SSD」は、「crucial M4」の「512GB」です。

購入時の価格は「29,697円」でした。

「Mac mini Mid 2011」では、「256GB」の「SSD」を使っていましたが、今回は、さらに容量アップを図り、「512GB」にしてみました。

▼ SSD / crucial

Mac mini Late 2012 ハードディスク HDD

「crucial M4」を、「下段(底面側)」に挿入する場合、コネクタを固定する「黒いシール」は、貼らない方が良いかもしれません。

「黒いシール」を貼らない方が、少しだけ本体に挿入し易くなります。

Mac mini Late 2012 SSD crucial m4

「crucial M4」を「Mac mini 本体」に挿入する際、「コネクタ」と「crucial M4」の間に、隙間を作るコトにより、挿入の「自由度」が少しだけ増します。

Mac mini Late 2012 SSD crucial m4

最後に、「crucial M4」のフタを取る方法を、書いておきます。

「SSD」を、本体に挿入できない場合、「ロジックボード」を引き抜く作業を行うより、「SSD のフタをはずして挿入する」方が、ラクかもしれません。

フタを外して挿入する場合は、「絶縁対策」が必要になるかもしれませんので、ご注意下さい。

「crucial M4」のフタを取り去るには、四隅のネジを外すだけです。

Mac mini Late 2012 SSD crucial m4 warranty

(画像↑)1カ所は、シールで隠れています。

このシールを剥がすと、保証が無効になってしまうので、ご注意下さい。

Mac mini Late 2012 SSD crucial m4

(画像↑)「基盤」がケースから取れなかったので、そのままの状態で撮影しております。

今回購入した「SSD / crucial M4」は、「厚さ9.5mm」の「CT512M4SSD2」です。

「9.5mm厚」なので、本体に挿入するのが「ギリギリ」になっています。

「crusial M4」には、「7mm厚」の製品もあるので、ラクに挿入したい場合は、そちらを購入した方が良いかもしれません。

「9.5mm厚」の製品は、型番の最後が「2(CT512M4SSD2)」で、「7mm厚」の製品は、型番の最後が「1(CT512M4SSD1)」です。

どの容量でも、「9.5mm厚」の製品より「7mm厚」の製品の方が、価格が「約1,500円」高くなっています。

 

Trim を有効にする

2013.05.28 / Tue 

自分で交換(増設)した「SSD」は、「Trim」が無効になっております。

必要ならば、「Trim」を有効にしましょう。

設定方法は、「SSD の Trim を有効にする」をご覧下さい。

 

【動画】

Mac mini Late 2012 トルクス ドライバ

動画の中で使用している工具は、「白いドライバー」が「T-6(星形)トルクス・ドライバー」で、「青いドライバー」が「T-8(星形)トルクス・ドライバー」で、「黄色いドライバー」が「普通のマイナス・ドライバー」です。

 

▼ ハードディスクを取り外す

この動画をダウンロードする(166.1MB)】 

 

▼ SSD に SATAケーブルを移植する

この動画をダウンロードする(58.0MB)】 

 

▼ SSD を挿入する

この動画をダウンロードする(78.3MB)】 

 

▼ ファンなどを取り付ける

この動画をダウンロードする(134.8MB)】 

 

 

 

▲ このページの先頭へ