<< back

2017.09

2017.08

2017.07

2017.06

2017.05

2017.04

2017.03

2017.02

2017.01

<< back

2016.12

2016.11

2016.10

2016.09

2016.08

2016.07

2016.06

2016.05

2016.04

2016.03

2016.02

2016.01

<< back

2015.12

2015.11

2015.10

2015.09

2015.08

2015.07

2015.06

2015.05

2015.04

2015.03

2015.02

2015.01

<< back

2014.12

2014.11

2014.10

2014.09

2014.08

2014.07

2014.06

2014.05

2014.04

2014.03

2014.02

2014.01

<< back

2013.12

2013.11

2013.10

2013.09

2013.08

2013.07

2013.06

2013.05

2013.04

2013.03

2013.02

2013.01

<< back

2012.12

2012.11

2012.10

2012.09

2012.08

2012.07

2012.06

2012.05

2012.04

2012.03

2012.02

2012.01

<< back

2011.12

2011.11

2011.10

2011.09

2011.08

2011.07

2011.06

2011.05

2011.04

2011.03

2011.02

2011.01

<< back

2010.12

2010.11

2010.10

2010.09

2010.08

2010.07

2010.06

2010.05

2010.04

2010.03

2010.02

2010.01

<< back

2009.12

2009.11

2009.10

2009.09

2009.08

2009.07

2009.06

2009.05

2009.04

2009.03

2009.02

2009.01

<< back

2008.12

2008.11

2008.10

2008.09

2008.08

2008.07

2008.06

2008.05

2008.04

2008.03

2008.02

2008.01

<< back

2007.12

2007.11

2007.10

2007.09

2007.08

2007.07

2007.06

2007.05

2007.04

2007.03

2007.02

2007.01

<< back

2006.12

2006.11

2006.10

2006.09

2006.08

2006.07

2006.06

2006.05

2006.04

2006.03

2006.02

2006.01

<< back

2005.12

2005.11

2005.10

2005.09

2005.08

2005.07

2005.06

2005.05

2005.04

2005.03

2005.02

2005.01

<< back

2004.12

2004.11

2004.10

2004.09

2004.08

2004.07

2004.06

2004.05

2004.04

2004.03

2004.02

2004.01

<< back

2003.12

2003.11

2003.10

2003.09

2003.08

2003.07

2003.06

2003.05

2003.04

2003.03

2003.02

2003.01

<< back

2002.12

2002.11

2002.10

2002.09

2002.08

2002.07

2002.06

2002.05

2002.04

2002.03

2002.02

2002.01

<< back

2001.12

2001.11

2001.10

2001.09

2001.08

2001.07

2001.06

2001.05

2001.04

2001.03

2001.02

2001.01

<< back

2000.12

2000.11

2000.10

2000.09

2000.08

2000.07

2000.06

<< back

 

2004.07.02 / Fri(1/3)

いやー、注文しちゃいましたよ、「Clear PowerCube Enclosure」。

本屋さんで「Mac Fan」を立ち読みしていて、この記事に釘付け。速攻、雑誌を買って、家に帰りましたよ。

家で、再度、記事をじっくり読んで、メーカーサイトなどをチェックして、購入決定!

「Mac Fan」を買った人は、「P.200-201」を読んでおくれやす。

一応、米パワーロジックスのアドレスも載っけておく。

▼ PowerLogix

「Clear PowerCube Enclosure」について簡単に説明すると、Cube 本体の透明の「ガワ」部分と、電源ボードの移設キットがセットになった製品だ。

この透明の「ガワ」部分は、純正のモノより2センチほど、幅が広い。

この広がった部分に、電源ボードを移設することによって、本体内部にスペースが生まれる。

今まで、電源ボードが邪魔していて、入らなかったグラボが装着できたりするワケだ。

内部にスペースは生まれるし、電源ボードとグラボが離れるので、内部の温度上昇を抑えられるというメリットもあるとのことだ。

個人的には、AirMac の拡張アンテナを付けたまま、「ガワ」が装着できる「であろう」コトも魅力のヒトツであり、また、ケースが透明なので、内部が丸見えの「スケルトン」仕様なのがウレシイ。

「Mac Fan」に掲載されている写真を見るとわかるのだが、電源ボードは「AirMac カード」を装着する面に移設するので、「AirMac 拡張アンテナ」のケーブルの取り回しは、問題無いハズ。

今は、この「AirMac 拡張アンテナ」のおかげで、「ガワ」無しムキ出し状態で、横に寝かせてある「Cube」だが、これで、フツーに設置できるというものよ。

その上、ワタクシの「Cube」は、初期ロットの不具合が「未修理」のため、電源ボードに細工がしてある。

電源ボードがスロットにしっかり刺さって動かないように、自作パーツで固定してあるのだ。

「Clear PowerCube Enclosure」付属の「電源ボード移設キット」によって、初期不良も解消したらラッキー。

解消しなかったら、何か方法、考えないといけないかも。

で、問題なのは、電源スイッチ。

純正の「ガワ」を着けている時は、電源ボタンの調子が悪く、勝手にスイッチが入ったり切れたりする不具合が発生していた。

対処法として、「Powr Button Gasket」というパーツを外して、本体の電源ボタンを「無効」にしていたのだ。

これは、製品が届いてみないとわからないが、本体の電源ボタンが、フツーに使えると、非常にウレシイ。

そうすると、やっとこさ、初期不良が完全に克服できたコトになる。

届き次第、結果をお知らせしますわね。

 

2004.07.02 / Fri(2/3)

というワケで、「Clear PowerCube Enclosure」(以下、CPCE)を注文したワケだが、そうすると、やはり、QuartzExtreme 対応のグラボが欲しくなり、G5 の購入を見送ったコトからも、CPU をアップしたくなってきたワケだ。

で、また「Mac Fan」に戻るワケだが、そこでは「RADEON 9000 Pro / 64MB」を取り付けている。

ADC コネクタの爪を1カ所折らないと入らないとのことだ。

Cube に装着できるグラボに関しては、「Mac Fan」でも紹介されている「Vintage Computer」さん(以下 VC)が詳しい。

▼ Vintage Computer

▼ Cube に Quartz Extreme 対応ビデオカードを装着する

純正 Cube に装着できるグラボの紹介はされているのだが、「CPCE にして電源ボードを移設した Cube に装着できるグラボ」などというマニアックな条件では、何も書かれていない。

できれば、爪を折らずに、そのまま装着できるグラボが良いのだが、条件に合う製品はあるのだろうか?

少し自分で調べてみることにしよう。

ワタクシが欲しいグラボは、QuartzExtreme 対応(VRAM32MB 以上)で、TwinView 対応、ADC コネクタが付いているモノだ。

そして、できれば、Cube 本体やグラボに加工の必要が無いモノがイイな。

しかーし、該当するのは、VC のサイトで解説されている「ATI Radeon 7500」(¥32,800-)と「NVIDIA GeForce 2 / 64MB」(¥39,800-)だけっぽい。(以下、価格は特に何も書いてない場合、VC のサイトの価格)

VC の CPCE の解説には、「カードに加工が必要だが、Radeon 9000 と GeForce 4 が装着可能」と書かれている。

Cube に装着するグラボで問題になるのが、「カードの幅」「ADC と DVI ポートの両端の長さ」だ。

「ATI RADEON 9000 PRO 64MB」(¥18,000-)の場合は、ADC と DVI ポートが離れているため、ADC ポート脇のツメを1つ、折らないといけないワケだ。

ADC ポートと DVI ポートの間隔が狭いグラボでないと、ブラケット無しにするだけでなく、何らかの加工が必要になってしまう。

ご覧の通り、Cube 対応のグラボは、性能はあまり変わらないのに、他のグラボに比べて、価格が約2倍もする。

「ツメを折る」くらいは、妥協しても良いかもしれない。

「RADEON 9000 PRO 64MB」(¥18,000-)は品薄みたいだが、「RADEON 9000 PRO 128MB」(¥22,000-)ってのは、すぐに手に入りそうだ。

しかし、情報が無いので、正常に作動するかは、やってみないとわからなさそうだ。

VC の「BBS」では、64MB タイプと同様に 128MB タイプも使用可能という「予想」だが・・・。

人柱か?

CPU は、SONNET の「Encore / ST G4 1.2GHz Cube Installation Kit セット」だと、秋葉館では「¥46,137-」だ。

VC だと「¥43,800-」だ。

正確には調べていないが、CPU は「7455」かな?

新しいカードだと「7457」を積んでいるが、チト高い。

VC のサイトだと、ラインナップが豊富で、「PowerLogix PowerForce 7457 G4 / 1.35GHz for Cube」が「¥57,800-」、出荷延期になった「GigaDesigns G-celerator G4 7457 / 1.5GHz / 2MB for G4 Cube + Drive 10」が「¥69,800-」などもあるよ。

Encore と同じ 1.2GHz で、「PowerLogix PowerForce 7457 G4 1.2GHz for Cube」ってのは、「¥46,800-」。

ただし、CPU にファンが付くみたいだ。

同じ「PowerLogix 1.2GHz」で、CPU の型番が「7455」になると、「¥39,800-」ってのもある。

「Clear PowerCube Enclosure」に「¥22,458」、「Encore / ST G4 1.2GHz Cube セット」で「¥46,137-(秋葉館)」、「ATI RADEON 9000 Pro 128MB」で「¥24,570-(秋葉館)」で、総額「¥93,165-」かよっ!

 

2004.07.02 / Fri(3/3)

ホロンから、「PANDORA DVD Copy X for Mac OS X」ってのが、7月8日から発売されるらしい。

シェアウェア「DVD2oneX」を製品化したものらしい。

ワタクシは、「DVD2oneX」の正規ユーザーなので、機能に大差が無いのなら、「PANDRA DVD Copy X」は、もちろん買わない。

だって、画質が明らかに落ちるから。

画質優先なら、ものすごーく時間がかかるが、「DaViDeo X」っしょ。

マック雑誌などの記事を見る限り、製品化にあたって、特別な機能が追加されたようには見えない。

それに、マックではまだ使えないが、「片面2層焼き」ができるドライブが登場してきたので、DVD 圧縮ソフトは、存在価値が低くなりつつある。

マックで使える「片面2層焼き」ドライブが出たら、すぐに買おっと。と言っても、ソフトも対応してくれないと困るから、「Toast」次第か?

「片面2層焼き」が可能になると、「DVD2oneX」も「DaViDeoX」も、いらなくなってしまうのね。

もったいなーっ!

などと考えていたら、この前買った「Mac Fan」に、「Mac で片面2層が焼けた!」という記事が載っていた。

ハードについては書かれていなかったが、Toast 6.0.4 Titanium を使って焼けたそうだ。

出来上がった「片面2層メディア」(DVD+R DL / ダブルレイヤー)は、古いドライブではマウントできないモノもあるが、最近の家庭用 DVD プレーヤーなら問題無く再生できるようだ。

ただし、ワタクシのプレステ2=初期型「SCPH-10000」では、「2層目が再生できない」らしい。残念。

また、PowerMac G4 / 867MHz の SuperDrive でも、再生できないとのことなので、我が Cube でも、再生できない可能性がある。

しかーし、外付け DVR-107 なら大丈夫かな。

片面2層焼きの外付けドライブとしては、アイ・オー・データから「DVR-iUN8W」が発売されている。

中のドライブ自体は「NEC 製 ND-2510A」ということだ。税別¥24,200-。

年内に、パイオニアからもドライブが発売されるらしいので、こちらに期待かな。

我が家の「DVR-UEP8/M」の中味のドライブを交換してしまうという「荒技」は可能か?

DVD マルチドライブを購入したばかりだが、時代は DL(ダブルレイヤー)だなっ!

 

2004.07.04 / Sun

うほほ、「Clear PowerCube Enclosure」が届きましたぜ、ダンナ!(以下、CPCE)

おや? ケースの後ろ側が割れている・・・。

純正と違って、一体成型ではなくて、側面部分と天井部分が別に作られているのね。

あとから接着したみたいだな。

側面部分は、1枚の板をグルっと曲げた感じで、そのため、後ろ側に「割れ目」ができていると思われる。

接着されていないので、押すと動く。

天井部分は、1枚の板に穴を開けたり削ったりしたみたいで、削った面が「クリア」じゃない。ちょっとデコボコしてるな。

で、側面部分と天井部分の接着面は、よく見ると、接着剤なのか気泡なのか、プチプチしたものが、チョット見える。

ま、でも、個人的には、ぜんぜん問題ないレベル。

それでは、作業開始!

まずは、付属 CD-ROM をチェック。

こん中にマニュアルが入っている。

PDF と Word 書類と QuickTime Movie だ。

ただし、どれも英語。

一通り読んだけど、最終的に「QuickTime Movie」を採用。

ポイントだけメモ書きして、本格的な作業を始める。

ビックリしたのが、Cube 本体から電源ボードを外す時。

エラくユルい。

コネクタに差さってない。

実際は、ちゃんとハマってはいるのだが、力を入れなくても、すぐに抜ける。

「置いてある」といった感じ。

これじゃ、輸送中に外れたり、接触不良で不具合を引き起こすワケだ、納得。

で、電源ボードを外して、移設しようとしたら、問題が発生したのら。

CPCE 付属の電源ボード接続用延長ケーブルの、本体側接続用のコネクタがデカくて、ハマらないのだ。

標準接続だとユルくて、延長ケーブルだとハマらない。

なんてコッタ!

実際によく見てみても、明らかに、本体側コネクタ(メス)よりも、延長ケーブル側コネクタ(オス)の方が、幅が広い。

力任せに差し込めるレベルでは無い。

メス側サイドのプラスチック製突起物を削るか、オス側サイドを削るか、しないとハメられない。

元の純正状態に戻すコトを考えれば、延長ケーブル側を削るベキであろうが、本体側を削る方が簡単そうなので、本体側コネクタのサイドの突起物を、ヤスリで少し削った。

少しキツいくらいで、程良い具合でハマるようになった、わーい。

と言いつつ、改めてコネクタを抜こうと思ったら、抜けなかった。

外すコトがあったら、大変かもしれない。

まーいーや。

困ったのは、ココくらいで、後はノープロブレム。

そうだ、移設した電源ボードを本体に留める際、ネジが短かったので、1カ所、他んトコロのネジと入れ替えた。

もしかしたら、マニュアルに書かれてるのかもしれんがな。

ケースに取り付ける時、CPCE 付属のアルミ・メッシュの板は使わなかった。

なので、上から覗くと、内部丸見え状態。

ホコリやゴミなんかも、中に入ってしまうかもね。

でも、ワタクシ的には、アルミ板が無い方が、スッキリしていてイイと思うのだ。

ココで気付いたのが、純正ケースと違って、光学式ドライブのクチに、ホコリなどの進入を防ぐ「布」のようなモノが無いということじゃ。

これは、アルミ板を取り付けても変わらない。

本体内部にホコリが入るのは、まあイイとしても、光学式ドライブの中にホコリが入るのはマズい。

今のトコロ、応急処置として、ボール紙みたいなのを置いているが、CD を入れてある袋みたいなモノを使って、ホコリの侵入を防ぐモノを自作した方が良いかもしれぬ。

しばらくの間、Cube を使わない時は、上に布をかけておくコトにしよう。

ああ、それから、予想通り、AirMac の拡張アンテナを取り付けるコトがでけた。

これは、マンモス・ウレピー!

外から丸見えで、窮屈そうなコトに変わりはないが、AirMac 拡張アンテナを付けたまま、外側ケースを取り付けられるというのは、とてもイイ。

それでは、Cube を起動すべく、電源ケーブルやモニタ・ケーブル、各種 USB / FireWire 機器を接続する。

むむむ!

CPCE は、純正より7mm程低いのだが、これが災いして、USB や FireWire のコネクタが、地面にくっついてしまう。

純正ケースと比較してみたが、7mm ではないが、それでも純正ケースより、内部の底が3mmから5mm 程度、低い位置になる。

純正ケースでも、USB / FireWire のケーブルの取り回しが難しく、地面に当たって、無理に後ろ側に曲げていたのに、CPCE だと、さらに窮屈。

コネクタ部分が斜めになるくらいだ。

仕方が無いので、本体をビデオテープの上に置いて、後ろ側のコネクタ部分を浮かせた。

約2センチ、ゲタを履かせたワケだ。

さてさて、それでは、起動!

ぬわんと、不具合の為、純正状態では無効にしていた、本体の電源ボタンにて起動が可能になったのだ。

わーい。

以前と同じく、電源ボタン部分の「Power Button Gasket」は外したままだが、今のところ、まったく問題無く使えている。

ただし、静電気などによって誤作動する可能性もあるので、経過観察が必要かも。

と言ふワケで、作業完了!

そうだ、「QuickTime Movie」マニュアルと違ったトコロがあったので、書いておこう。

ワタクシの Cube は、初期不良対策がされていないマシンなので、マニュアルと違っていると思われる。

正確には、アプルに送ったのに、直してもらえずに戻ってきたんだけどね。

違うトコロが3点ありまして、まずは、電源ボードを本体に留める金具が「1カ所無い」ってコト。

これは、修理に出すと取り付けてもらえるパーツ、または、電源ボード不具合対策済マシンに装着してあるパーツ、かと思われる。

もう1点は、電源ボードに接続されているケーブルが、「2つ」では無く「1つ」であるというトコロ。

これは、「たぶん」だけど、QuickTime Movie で使っているマシンには、放熱対策としてファンを取り付けているのではないかと。

このファン用のケーブルじゃ無いかと思う。

あと1点は、電源ボード上の蓄電池(capacitors)を斜めに曲げるように説明しているが、曲げなくても大丈夫だった。

説明書の蓄電池よりも、背が低いので、そのままでケースに入れられた。

実際に設置してみると、中が透けて見えて「楽しい」のは、電源ボタンを後ろにして「右」「後」「左」部分なのだ。

「前」は光学式ドライブがあるので、透けてる意味が無い。

かと言って、後ろ側を前面に持ってくると、USB やら FireWire やら、ケーブルも全部、前に出て来てしまうので、ヨロしく無い。

グラボが見える後ろ側を、前面に持ってきたいよー。

ただし、ケースの割れ目も、前に来ちゃうけどね。ぶーぶー。

▼ 問題点(おさらい)

・ケースの後ろ側が割れている。
・ケースを削った部分や、接着面がイマイチ。
・光学式ドライブの挿入口からホコリが入りそう。
・電源ボード移設用ケーブルのコネクタが咬み合わないので、削るなどの加工が必要。
・ケースにキズがつきやすい。
・本体の底面が、純正より5mm程低くなってしまうので、USB / FireWire コネクタをつなぎにくい。
・内部が透けて見えるのだが、前面は殺風景。

▼ マンモス・ウレピー点

・中が透けて見える。
・本体の電源ボタンが使えるようになった。
・AirMac 拡張アンテナが取り付けられる。
・今まで使えなかったグラボが装着できる。
・本体内部だけを寝かせて使用していたが、正常な位置で設置できるようになった。

 

 

 

▲ このページの先頭へ