<< back

2019.10

2019.09

2019.08

2019.07

2019.06

2019.05

2019.04

2019.03

2019.02

2019.01

<< back

2018.12

2018.11

2018.10

2018.09

2018.08

2018.07

2018.06

2018.05

2018.04

2018.03

2018.02

2018.01

<< back

2017.12

2017.11

2017.10

2017.09

2017.08

2017.07

2017.06

2017.05

2017.04

2017.03

2017.02

2017.01

<< back

2016.12

2016.11

2016.10

2016.09

2016.08

2016.07

2016.06

2016.05

2016.04

2016.03

2016.02

2016.01

<< back

2015.12

2015.11

2015.10

2015.09

2015.08

2015.07

2015.06

2015.05

2015.04

2015.03

2015.02

2015.01

<< back

2014.12

2014.11

2014.10

2014.09

2014.08

2014.07

2014.06

2014.05

2014.04

2014.03

2014.02

2014.01

<< back

2013.12

2013.11

2013.10

2013.09

2013.08

2013.07

2013.06

2013.05

2013.04

2013.03

2013.02

2013.01

<< back

2012.12

2012.11

2012.10

2012.09

2012.08

2012.07

2012.06

2012.05

2012.04

2012.03

2012.02

2012.01

<< back

2011.12

2011.11

2011.10

2011.09

2011.08

2011.07

2011.06

2011.05

2011.04

2011.03

2011.02

2011.01

<< back

2010.12

2010.11

2010.10

2010.09

2010.08

2010.07

2010.06

2010.05

2010.04

2010.03

2010.02

2010.01

<< back

2009.12

2009.11

2009.10

2009.09

2009.08

2009.07

2009.06

2009.05

2009.04

2009.03

2009.02

2009.01

<< back

2008.12

2008.11

2008.10

2008.09

2008.08

2008.07

2008.06

2008.05

2008.04

2008.03

2008.02

2008.01

<< back

2007.12

2007.11

2007.10

2007.09

2007.08

2007.07

2007.06

2007.05

2007.04

2007.03

2007.02

2007.01

<< back

2006.12

2006.11

2006.10

2006.09

2006.08

2006.07

2006.06

2006.05

2006.04

2006.03

2006.02

2006.01

<< back

2005.12

2005.11

2005.10

2005.09

2005.08

2005.07

2005.06

2005.05

2005.04

2005.03

2005.02

2005.01

<< back

2004.12

2004.11

2004.10

2004.09

2004.08

2004.07

2004.06

2004.05

2004.04

2004.03

2004.02

2004.01

<< back

2003.12

2003.11

2003.10

2003.09

2003.08

2003.07

2003.06

2003.05

2003.04

2003.03

2003.02

2003.01

<< back

2002.12

2002.11

2002.10

2002.09

2002.08

2002.07

2002.06

2002.05

2002.04

2002.03

2002.02

2002.01

<< back

2001.12

2001.11

2001.10

2001.09

2001.08

2001.07

2001.06

2001.05

2001.04

2001.03

2001.02

2001.01

<< back

2000.12

2000.11

2000.10

2000.09

2000.08

2000.07

2000.06

<< back

 

2018.04.13 / Fri

【アップル新宿】

オープン初日の「4月7日(土)」の21時頃、「アップル新宿」を訪問しました。

不確かな記憶ですが、「アップル銀座」は、オープンしてから1年後くらいに訪問したような…。

「アップル渋谷」は、オープン後、ほどなく訪問?

「アップル表参道」は、未だ訪問せず…。

しかし、「アップル新宿」は、オープン初日に訪問しましたっ!

▼ アップル新宿 / アップル

新宿駅西口

新宿駅西口

新宿駅の西口方面に居たので、西口から東口へ移動しました。

新宿駅東口から少し歩けば、「Apple 新宿」です。

Apple 新宿

Apple 新宿

Apple 新宿

Apple 新宿

Apple 新宿

Apple 新宿

Apple 新宿

Apple 新宿

Apple 新宿

Apple 新宿

Apple 新宿

Apple 新宿

Apple 新宿

オープン前の、3月29日(木)に撮影した動画を、今頃、編集してアップしてみました。

音声は、ありません。

「アップル」の「ネオン」を、「1周分」撮影しようと思ったのですが、「できた」のか「できていない」のか、よくわからない「約6分」の動画でございます。

ただただ「ネオン」を撮影しただけなので、最後まで見ても、変わったコトは起きませんので、ご注意下さいまし。

 

2018.04.20 / Fri

【Lightning ケーブルを修理しました】

Apple 純正 Lightning - USB ケーブル(2m)

以前に、「Apple 純正 Lightning - USB ケーブル(2m)」の「Lightning 側の根元」に亀裂が発生したので、補修しました。

Apple 純正 Lightning - USB ケーブル(2m)

「Apple 純正ケーブルは弱い」といふ噂もあるようです。

Apple 純正 Lightning - USB ケーブル(2m)

とりあえず、「ビニールテープ」を巻いて、補修しました。

Apple 純正 Lightning - USB ケーブル(2m)

先日、補修部分の「ビニールテープ」がズレてしまいました。

Apple 純正 Lightning - USB ケーブル(2m)

「損害が拡大」している模様です。

再度、補修するコトにしました。

Apple 純正 Lightning - USB ケーブル(2m)

今回は、「シリコン接着剤」を使用しました。

Apple 純正 Lightning - USB ケーブル(2m)

亀裂が隠れるように、「シリコン接着剤」をたっぷり塗りました。

Apple 純正 Lightning - USB ケーブル(2m)

乾燥させる為、数日、放置しました。

Apple 純正 Lightning - USB ケーブル(2m)

しっかり固まったトコロで、成型しました。

Apple 純正 Lightning - USB ケーブル(2m)

補修部分の上から、ビニールテープを巻いて、補強しました。

しばらく、このまま、使う予定ですが、そろそろ、買い替えても良いかとも、思おておりまするです。

 

 

2018.04.22 / Sun

【4TBのハードディスクを購入しました】

先日、2018年4月12日(木)に、「ハードディスク」を「2台」購入しました。

Seagate BarraCuda(3.5インチ / 4TB / SATA 6Gb/s / 64MB Cache / 5900rpm)ST4000DM005

「個人的なデータ」を保存している「ハードディスク」の「残り容量(空き容量)」が少なくなってきたので、追加購入した次第です。

「個人的なデータ」を保存する「ハードディスク」は、「1台」が不調になっても大丈夫なように、「RAID 1(ミラーリング / ソフトウェア方式)」に設定しています。

この為、購入した「ハードディスク」も「2台」なのです。

以前は、「2TB」の「ハードディスク」を購入していたのですが、前回より、コストパフォーマンスの良くなった「4TB」にしております。

Seagate BarraCuda(3.5インチ / 4TB / SATA 6Gb/s / 64MB Cache / 5900rpm)ST4000DM005

前回は、「Seagate BarraCuda(3.5インチ / 4TB / SATA 6Gb/s / 64MB Cache / 5900rpm)ST4000DM005」を購入しました。

今回は、「Seagate BarraCuda(3.5インチ / 4TB / SATA 6Gb/s / 256MB Cache / 5400rpm)ST4000DM004」を購入しました。

お値段は、「1台:9,180円」で、「amazon」で購入しました。

価格コムの最安値ですと、「9,000円」を切るトコロもあります。

Seagate BarraCuda(3.5インチ / 4TB / SATA 6Gb/s / 64MB Cache / 5900rpm)ST4000DM005

「ST4000DM005」の後継モデルが、この「ST4000DM004」です。

「違い」は、「キャッシュ」が「64MB→256MB」にアップするも、回転数は「5900rpm→5400rpm」にダウンしているトコロなどです。

そして、一番大きな「違い」が、「厚さ(高さ)」です。

「005」は、「1.33TB」の「プラッタ(ディスク)」が「3枚」だったのに対し、「004」は、「2TB」の「プラッタ(ディスク)」が「2枚」になっております。

これにより、「厚さ」が、「26.11mm」から「20.2mm」へ、「薄く」なっております。

Seagate BarraCuda(3.5インチ / 4TB / SATA 6Gb/s / 64MB Cache / 5900rpm)ST4000DM005

薄くなったコトは、手元に届くまで知りませんでしたが、箱から出して、手に取った瞬間に、「おやっ?」と思いました。

さらに、「プチプチの袋(気泡緩衝材)」と「静電気・帯電防止袋」から取り出し、直接、目にしたトコロ、かなり「薄く」なっており、驚きました。

▼ BarraCuda データシート / Seagate

Seagate BarraCuda(3.5インチ / 4TB / SATA 6Gb/s / 64MB Cache / 5900rpm)ST4000DM005

「Seagate」の「4TB」の「ハードディスク」には、いくつかの種類があります。

▼ THE GUARDIAN SERIES / SEAGATE

「BarraCuda Pro(ST4000DM006)」は、「SATA 6Gb/s / 128MB Cache / 7200rpm / プラッタ数不明 / 高さ26.1mm 」で、amazonでの価格は「24,116円」。

「IronWolf(ST4000VN008)」は、「SATA 6Gb/s / 64MB Cache / 5900rpm / プラッタ数不明 / 高さ26.11mm」で、amazonでの価格は「12,480円」。

「IronWolf Pro(ST4000NE0025)」は、「SATA 6Gb/s / 128MB Cache / 7200rpm / プラッタ4枚 / 高さ26.11mm 」で、amazonでの価格は「24,000円」。

「SkyHawk(ST4000VX007)」は、「SATA 6Gb/s / 64MB Cache / 5900rpm / プラッタ3枚 / 高さ26.11mm」で、amazonでの価格は「16,300円」。

Seagate BarraCuda(3.5インチ / 4TB / SATA 6Gb/s / 64MB Cache / 5900rpm)ST4000DM005

「個人的なデータ」を保存する「倉庫」のような使い方をし、後から、その「データ」を読み出すコトも少ないと思うので、「お値段が一番休み」モデルにしました。

まだ、使っていないので、「使い勝手」は「?」ですが、「薄さ」は「Good!」です。

Seagate BarraCuda(3.5インチ / 4TB / SATA 6Gb/s / 64MB Cache / 5900rpm)ST4000DM005

「ハードディスク」自体の「保存スペース」も、節約できます。

今回、購入した「BarraCuda」ですが、「薄い」のは「4TB / 3TB / 2TB / 1TB / 500GB」モデルです。

「8TB / 6TB」は、高さ(厚さ)「26.11mm」です。

また、「3TB」は、「2(3)モデル」あり、「ST3000DM007」は、高さ(厚さ)「20.2mm」ですが、「ST3000DM008(DM002)」は「26.11mm」です。

今回購入した「2台」は、「44-45台目」の「ハードディスク」で、総容量は「87TB」となりました。

このうち、「4台 / 7TB」を損失しているので、実質「41台 / 80TB」となりました。

Seagate BarraCuda(3.5インチ / 4TB / SATA 6Gb/s / 64MB Cache / 5900rpm)ST4000DM005

今回の購入により、「ハードディスク」を保管してある箱が、満杯になってしまいました。

このうち「5台」は、「使えないハードディスク」なのですが、「RAID 1」で接続したままの「ハードディスク」が「2セット4台」あるので、それも保管するコトを考えると、やはり「満杯」です。

「保管するのに使っている箱」は、「amazon」の箱で、ストックがあります。

次回、「ハードディスク」を購入する際は、「保管用の箱」も作成・加工しようと思います。

Seagate BarraCuda(3.5インチ / 4TB / SATA 6Gb/s / 64MB Cache / 5900rpm)ST4000DM005

ちなみに、今回購入した「薄いハードディスク」は、画像の「XX / YY」の「2台」です。

 

 

2018.04.27 / Fri

【デジイチの液晶保護フィルムを購入しました】

先日、デジタル一眼レフカメラ「Canon EOS Kiss X3」の「液晶保護フィルム」を購入しました。

Canon EOS Kiss X3 液晶画面

それ以前に、一度、「液晶保護フィルム」を貼り替えたのですが、それが、「あまり見やすくない(→見にくい)」ので、再度、貼り替えるコトにしました。

「あまり見やすくない(→見にくい)液晶保護フィルム」は、そもそも「液晶保護フィルム」では無いので、「あまり見やすくない(→見にくい)」のは当然です。

それは、余っていた「Apple Magic Trackpad」用の「Slick Film」で、液晶のサイズに合わせて、カットしました。

Trackpad Slic Film #703

「防汚加工」や「撥水コーティング」はしてありますが、「光沢」「透明」「耐衝撃」などは、「あまり」と言うか「ほとんど」考慮されていないと思われます。

「カメラ自体」は慎重に扱っているので、「衝撃」や「キズ」などは考慮されてなくても、何とかなりそうです。

しかし、「光沢」「透明」「反射」などを考慮していないと、かなり見にくくなるようです。

「iPhone 5s」用の「液晶保護フィルム」も余っているので、カットすれば「流用」できそうですが、ココはヒトツ、ちゃんとした「液晶保護フィルム」を購入するコトにしました。

ビックカメラ Bic Camera

そこで、「ビックカメラ・新宿西口店」に行きました。

事前調査を、まったく行わなかったので、「ぶっつけ本番」で購入です。

「Canon EOS Kiss X3」は、かなり古い機種なので、「機種専用」の「液晶保護フィルム」は、(たぶん)ありませんでした。

少しだけ悩んだ結果、現行の「Canon EOS Kiss X9i」用の「液晶保護フィルム」を購入しました。

HAKUBA デジタルカメラ用液晶保護フィルム for Canon EOS Kiss X9i/Kiss X8i/Kiss X7i(BKDGF-CAEKX9I)

「HAKUBA デジタルカメラ用液晶保護フィルム for Canon EOS Kiss X9i/Kiss X8i/Kiss X7i(BKDGF-CAEKX9I)」です。

税抜「724円」ですが、すべて「ポイント」を使いました。

「X9i」ですと、「液晶部分」が「バリアングル」というコトもあり、「X3」とは、「液晶サイズが違う」可能性が大きいです。

「多少、大きさが違っても、貼り付けるコトは可能かも」と想像しました。

「ダメ」なら「カット」して使うつもりです。

実際は、「X3」の液晶サイズが「3インチ」、「X9i」の液晶サイズが「3インチワイド」です。

Canon EOS Kiss X3 液晶画面

「X9i」の「液晶保護フィルム」を「X3」に貼ろうとすると、「縦」は問題ありませんが、「横幅」が長いので「ギリギリ」です。

「横幅ギリギリ」を「ピッタリ合わせる」のに、10回くらい貼り直しました。

Canon EOS Kiss X3 液晶画面

事前に調べてから買いに行けば、「3インチ」サイズの「液晶保護フィルム」を購入できたと思われます。

「機種別」ではなく「サイズ別」の表になっている「SANWA SUPPLY」のページが見やすいと思うので、リンクを貼っておきます。

▼ デジタルカメラ用液晶保護フィルム対応表 / SANWA SUPPLY

Canon EOS Kiss X3 液晶画面

「多少、ゴミが入ってしまった」のと、「全体的に上にズレている?」感じもしますが、このままで使用する予定です。

何せ、「Canon EOS Kiss X3」の「修理対応期間」が「2018年10月」なので、そろそろ「買い替え」を考えないといけないからです。

「Canon EOS Kiss X3」で揃えたレンズがあるので、次も「APS-C」にしようと思います。

「Canon EOS Kiss X9i」の「ボディのみ」は、「価格.com」の「最安値」で「80,800円」となっております。

 

 

2018.04.30 / Mon

【Verbatim の DVD-R に関して】

先日、「DVD-Rメディア」を焼こうとしたトコロ、「レーベル面」に「ブランド仕様表記」があるのを見つけたので、少し調べてみました。

DVD-R メディア Verbatim

と言うのも、それ以前の「DVD-Rメディア」の「レーベル面」は、何も表記されていない「真っ白」だったからです。

「ずーっと、レーベル面が真っ白な、同じDVD-Rメディアを買い続けている」と思っていたのですが、ドコかで、「違うDVD-Rメディア」を購入してしまった模様です。

特に「ブランド」に拘っているワケではありませんが、「太陽誘電」亡き後は、「Verbatim(バーベイタム)」を購入しております。

▼ DVD(データ用) / Verbatim

▼ DVD(録画用) / Verbatim

「Verbatim」の製品を調べる前に、まずは「データ用」と「録画用」の「違い」を調べました。

「録画用」の「DVD-Rメディア」の価格には、「私的録音録画補償金制度」による「補償金」が含まれているそうです。

「テレビ番組」などを録画する場合は、この「録画用DVD-Rメディア」を使用するコトにより、その「テレビ番組」などの著作権者に「使用料を支払った」コトになる模様です。

「CPRM対応」という「メディア」もあり、コチラは「デジタル放送用の記録メディア」で、「ドライブ」も「CPRM」に対応してないと、「デジタル放送」を記録できない模様です。

以上は「概要」なので、「詳細」は、自分で調べて下さい(最後は丸投げ)。

「CPRM対応メディア」と「CPRM対応ドライブ」の組合せで使用する必要がある場合以外で、「著作権」などにも抵触しないならば、「データ用」「録画用」「CPRM対応」の「どのメディアでも利用可能」というコトのようです。

それでは話を戻しまして、「VerbatimのDVD-Rメディアについて」です。

調査した製品は、すべて「ホワイトレーベル」で「50枚スピンドル」、価格は「amazon」での価格です。

主な「違い」は、「CPRM:対応/非対応」「スピンドル用インデックス:有/無」「印刷範囲:22mm-118mm/23mm-118mm」「ブランド仕様表記:有/無」「インデックスカード:有/無」「梱包仕様:カラーフィルム/透明フィルム/紙帯に透明シュリンクフィルム」など、の模様。

※以下、「Verbatim」のサイトより画像をお借りしました、

Verbatim VHR12IP50V4

今回、「ブランド仕様表記」を見つけたのは、「録画用:VHR12JP50V4(1,129円)」でした。

Verbatim VHR12JPP50

「録画用」には、この他に、「VHR12JPP50(2,154円)」「VHR12JP50V3(1.300円)」があります。

Verbatim VHR12JPP50

「ブランド仕様表記」が「無い」のは、「VHR12JPP50」だけです。

Verbatim DHR47JP50V3

「データ用」は、「DHR47JP50V3(1,576円)」「DHR47JPP50(1,937円)」「DHR47JP50V4(1,071円)」「DHR47JDP50V3(1,479円)」の「4種類」です。

Verbatim DHR47JPP50

「データ用」は、4種類すべて「ブランド仕様表記」は「無し」です。

Verbatim DHR47JP50V4

「DHR47JPP50(データ用)」と「VHR12JPP50(録画用)」は、「高品質プラスチック基板と高度な成形技術がエラー発生率を抑制」と書かれています。

Verbatim DHR47JDP50V3

次回は、「ブランド仕様表記」が無く、価格の一番安い「DHR47JP50V4(データ用)」を購入してみようと思います。

「amazon」の「レビュー」を見ると、「不良品」が多かったり、「エラー」が多く発生しているように見えます。

ワタクシのトコロでは、時々、エラーは発生しますが、そんなに悪い感じはしておりません。

よくよく調べてみたら、「ブランド仕様表記」の有る「録画用:VHR12JP50V4」の「50枚スピンドル」を「4個」購入したようです。

既に、「2個」を使い切っており、「3個目」を開封したトコロで「ブランド仕様表記が有る」のに「気付いた」というか「気になりだした」模様です…。

 

 

 

 

 

 

▲ このページの先頭へ