<< back

2017.06

2017.05

2017.04

2017.03

2017.02

2017.01

<< back

2016.12

2016.11

2016.10

2016.09

2016.08

2016.07

2016.06

2016.05

2016.04

2016.03

2016.02

2016.01

<< back

2015.12

2015.11

2015.10

2015.09

2015.08

2015.07

2015.06

2015.05

2015.04

2015.03

2015.02

2015.01

<< back

2014.12

2014.11

2014.10

2014.09

2014.08

2014.07

2014.06

2014.05

2014.04

2014.03

2014.02

2014.01

<< back

2013.12

2013.11

2013.10

2013.09

2013.08

2013.07

2013.06

2013.05

2013.04

2013.03

2013.02

2013.01

<< back

2012.12

2012.11

2012.10

2012.09

2012.08

2012.07

2012.06

2012.05

2012.04

2012.03

2012.02

2012.01

<< back

2011.12

2011.11

2011.10

2011.09

2011.08

2011.07

2011.06

2011.05

2011.04

2011.03

2011.02

2011.01

<< back

2010.12

2010.11

2010.10

2010.09

2010.08

2010.07

2010.06

2010.05

2010.04

2010.03

2010.02

2010.01

<< back

2009.12

2009.11

2009.10

2009.09

2009.08

2009.07

2009.06

2009.05

2009.04

2009.03

2009.02

2009.01

<< back

2008.12

2008.11

2008.10

2008.09

2008.08

2008.07

2008.06

2008.05

2008.04

2008.03

2008.02

2008.01

<< back

2007.12

2007.11

2007.10

2007.09

2007.08

2007.07

2007.06

2007.05

2007.04

2007.03

2007.02

2007.01

<< back

2006.12

2006.11

2006.10

2006.09

2006.08

2006.07

2006.06

2006.05

2006.04

2006.03

2006.02

2006.01

<< back

2005.12

2005.11

2005.10

2005.09

2005.08

2005.07

2005.06

2005.05

2005.04

2005.03

2005.02

2005.01

<< back

2004.12

2004.11

2004.10

2004.09

2004.08

2004.07

2004.06

2004.05

2004.04

2004.03

2004.02

2004.01

<< back

2003.12

2003.11

2003.10

2003.09

2003.08

2003.07

2003.06

2003.05

2003.04

2003.03

2003.02

2003.01

<< back

2002.12

2002.11

2002.10

2002.09

2002.08

2002.07

2002.06

2002.05

2002.04

2002.03

2002.02

2002.01

<< back

2001.12

2001.11

2001.10

2001.09

2001.08

2001.07

2001.06

2001.05

2001.04

2001.03

2001.02

2001.01

<< back

2000.12

2000.11

2000.10

2000.09

2000.08

2000.07

2000.06

<< back

 

2006.05.21 / Sun

うおお、5月最初の「コラム」でゴワス。

やぱり「MacBook」について書かないとダメっしょ。

で、今日、「アップルストア銀座」に行って、見て触って来たよ。「黒、イーネッ!」てな感じだ。

実は、「¥マニー¥」はあるのだが、買っても使い道が無いので、買わないアルヨ。つーか、「衝動買い」とかしないように、自分に言い聞かせているのだつた。

んなワケで、自分で買ってしまわぬように、敢えて「辛口」で書いてみよおと思ふ。

まずは、「MagSafe」は、どーでもイイので、触れない。2層 DVD が焼けないのも、特に問題無かろう。

実際触ってみたけど、キーボードも、そんなに違和感は無い。使ってるウチに慣れるだろうと思わるる。

気になるのが、トラックパッドの位置。

「全体の中央」に置かれているので、手をホームポジションに置いた時、「右手の親指の付け根」辺りが、トラックパッドに触れてしまう。

「ホームポジションの中央?」に位置するよう、もう少し左にずらして欲しい。かつ、ワイドじゃない方が、「親指の付け根」辺りが不意に触れるコトが少なくなると思われる。

「トラックパッド」を、もっと左に、かつ、小さくして欲しいな。

それから、「クリアパネル」も、好き嫌いが分かれるトコロじゃないかな。ちなみに、ヲラ、嫌い。目が疲れる。

実際、斜めから見ると、辺りの景色が写り込んでたよ。でも、使うヒトは、真っ正面に居るワケだから、関係無いか。てか、自分の姿が見えたりするのか?

「MacBook Pro」で「クリアパネル」が選択できるようになったのなら、「MacBook」で「クリアパネルじゃない液晶」が選択できるようには、ならぬのか?

あとは、グラボかな。「Intel GMA 950」てのは、どうなん?

でも、「Intel Mac mini / 1.66GHz Core Duo(¥99,800-)」を買うなら、「MacBook Black / 2.0GHz Core Duo(¥179,800-)」を買ってもイイかな。

個人的には、最後に残った「Power Mac G5」後継の Intel モデル「Mac Pro(?)」が登場した後の「2代目 Intel Mac mini」を見てから、マシンの買い換えを検討したいトコロだ。

それまで、「MacBook Black」を買ってしまわぬように、我慢しないといけない。

 

2006.05.24 / Wed

「MacJack 6」を買って来たので、早速、読んだよ。

そろそろ「ネタ切れ」じゃないかと、不安だったのですが、イヤイヤ、けっこう知らない情報をゲッチューできたので、良かったですよ。

 

【削除】

 

もう1コお勉強になったのは、「Google」に関する記事。

「Google」ってば、デフォルトだと、ゆるめの「フィルタ」がかかってるんだってね。ワタクシも、この記事を参考に、この「フィルタ」を解除しましたよ。

そしたら、記事の通り、検索結果が変わった。ちょっと、スゴい。

でも、まあ、すぐに使えた「お役立ち情報」は、こんくらいかな。

次号「vol.7」は「2006年9月発売予定」とのことだ。

 

2006.05.26 / Thu

ジャストシステムから「ATOK 2006 for Mac」についてのメールが届いたので、早速、どれを買おうか、考えるコトにす。予約開始は「6月20日(火)」からだ。

最近は、「電子辞典セット」を買うコトにしている。登録ユーザー向けの「AAA優待版」は「¥8,400-」だ。

「電子辞典セット」には、「明鏡国語辞典」と「ジーニアス英和/和英辞典/R2」が、くっついてくる。

しかーし、今回は、「Windows 版」とセットになった製品もあるのだ。「ATOK 2006 for Mac + Windows」というのがあって、これの「AAA優待版」のお値段は、同じく「¥8,400-」なのだ。ただし、5,000本限定。

最近、「DVD を観る」以外は使っていないのだが、Windows マシンを机の上に置いているので、「Windows 版 ATOK があってもイイかな?」などと思ふワケなのだ。

ゆくゆくは、「Win マシンも、ソコソコ使えるようになってもイイかな?」などといふ「考え」もあるので、今のウチに「Win 版 ATOK」をゲットしとくのも悪くない。

そこで、「電子辞典セット」と「Win 版セット」で、どっちにしようか迷っているのだつた。

できれば、少しくらい高くてもイイので、「電子辞典」と「Win 版」をセットにした製品があると良いのだが、そんな「全部載せ」みたいな製品は無い。

「電子辞典セット」と「Win セット」の他にあるのは、「広辞苑第5版セット」だけだ。ちなみに「広辞苑セット」には、「AAA優待版」は無いようだ。お値段「¥9,450-」だ。

そのうち、「Intel Mac」なぞを買って、「BootCamp」を使うようになったら、Win 用のアプリも揃えないとイケなくなるかもしれなし、ココは「Win セット」を買うべきか?

はたまた、Win 用のソフトに資金を回すくらいなら、Mac にだけお金をかけた方が良いのだろうか? そんなにお金持ってるワケじゃないので、Win にまで手を広げない方が良いか?

ま、今の状態だと、「Win 用 ATOK」を手に入れても、「Win 版 Office」とか持ってないし、「Win で ATOK を使う」場面が、まったく無い。

うーん、やぱ、「Mac オンリー」でイクかな?

そうすっと、今度は、「電子辞典セット」と「広辞苑セット」で、迷ってしまう。

今使ってる「AOTK」も「電子辞典セット」なので、次は「広辞苑セット」を買った方が、辞書が充実するよね。辞書の中味なんか、そう頻繁に変わるモンじゃないから、「毎回、交互に辞書をアップデートしてもイイかな?」と。

あー、悩む。6月20日までに、どれ買うか、決めとかないとな。

▼ JUSTSYSTEM
▼ ATOK 2006 for Mac

 

2006.05.28 / Sun

またまた、ひつこく「Radeon 9800」だ。

今回は、「R-9800」の「外部電源」に、「Win マシン」を使ってテストしてみた。

毎度のコトながら、グラボを載せ替えるのは、非常に面倒だ。なんつったって、「Pilotis」を分解して、DVD ドライブとハードディスクを取り出して、マザーボードを取り出さないと、グラボを交換できないのら。

その上、「R-9800」は、「Giga C-VRM」では動かないので、「純正 VRM」に戻さないといけない。あー面倒クサ。

しゃーないから、やったけどさ。

そんでもって、Win マシンのサイドパネルを外して、1mの電源延長ケーブルを使って、Cube の R-9800 と接続。

最初は、一応、Win マシンを起動した状態で「Cube+R9800」を使っていたのだが、試しに Win マシンの電源を落としてみたら、「Cube+R9800」がそんまま使えた。

別に、Win マシンは起動してなくても、「R-9800」には給電しているのだね。

「Win マシンの電源」なら、以前試して失敗した「補助電源」よりも、ずーっと安心だ。つーか、そもそも「R-9800」は、こーゆー「電源」を使わにゃいけないワケだ。

この状態で、長期稼働が可能かチェック開始。

「R-9800」自体に問題は無さそうなのだが、やはり問題になるのが「純正 VRM」だ。とにかく、猛烈に熱くなる。

「純正 VRM +Radeon 9000」だと、熱いながらも「純正 VRM」をしばらく握っていられるが、「R-9800」だと「純正 VRM」を握っていられない。

それどころか、3秒触り続けるコトすらできない。「3秒」触ってたら「ヤケド」する。「1秒」でも苦しいだろう。

「純正 VRM」には、「PowerCube の電源移設キット」に付属していた「金属板」を取り付けている。この金属板に「純正 VRM」の熱が逃げているのだが、熱くて触れない。

このままだと、熱で「純正 VRM」がイカれるのは「時間の問題」っぽいので、テストは中止。「C-VRM + R9000」に戻した。

「純正 VRM」を冷やす方法を考えてみたが、ヒートプレートやヒートシンクくらいじゃダメだろうと推測。

「純正 VRM」上のあらゆるパーツが、相当の熱を発するので、「spirica」の「G4cube用電源ボードヒートシンク」だけでは足りない。

この熱じゃ、「純正 VRM」の寿命は短くなるだろうし、「発煙・発火」の恐れもあるかも。

「熱い」と書いても、よくわかんないだろうから、温度計を買って来て測ってみたいトコロだが、できれば「予備の純正 VRM」を用意してから、再テストを行いたいと思ふ今日この頃。

▼ spirica
▼ G4cube用電源ボードヒートシンク

 

2006.05.31 / Wed

「GoLive CS 2 開発終了」などといふ噂が出て、ビクリしただよ。

一応、「終了」といふのは違ったらしく、しばらくは大丈夫そうだが、「GoLive→Dreamweaver」といふ流れっぽいな。

「Dreamweaver」は使ったコトが無いが、噂では「独特な操作方法」らしい。また、イチから使い方を憶えるのは億劫だ。

「PageMill→GoLive」ん時や「GoLive→GoLive CS 2」ん時も大変だったが、次は「→Dreamweaver」でつか?

ま、それはさておき、今回のお題?は「キーボード」だ。

Microsoft から「Wireless Laser Desktop for Mac」ってのが発表された。コレ、ちょっと気になっております。名前が長いので、以下「WLDM」と表記させて頂きマウス。

米国では、この夏発売予定で、予想小売価格は「$99.95」だそうな。日本での発売時期・価格は、わからん。

実際、触ってみて良かったら、買おうかと思っておるのです。

と言ふのも、イロイロと思ふトコロがあるとです。

1,Cube 純正キーボードが汚い。
2,Cube 純正キーボードって、分解すんの大変なので掃除ができん。
3,マイクロソフトのデカいマウスが、手に馴染んでいる。
4,ワイヤレス・レーザーマウス欲しい。
5,キーボードもワイヤレスにしたい。

んなワケで、この「WLDM」に興味津々なのだ。

でも、このキーボードには、「カバー」がかけられないかな?

ウチのキーボード、Mac も Win も、ものすごくホコリで汚いのだ。

Apple 純正キーボードを買って、最初から「キーボード用カバー」を装着した方が、ホコリで汚くならないかなー。

純正なら、「US キーボード」ってのも「アリ」かな。有線なら「¥3,570-」だし、

無線だと「¥6,720-」だけど、Cube だと「Bluetooth アダプタ」が必要んなるから、プラス「¥5,040-」かかる。(アップルストア価格)

「Intel Mac mini」に買い換えたら、「Bluetooth アダプタ」は必要なくなるから、今買うのはもったいないな。やぱ、有線のキーボードだな。

でも、「Intel Mac mini」は、キーボード別売りだから、「無線キーボード買う」ってのも「アリ」か? うーん、悩む。

 

 

 

▲ このページの先頭へ