<< back

2017.04

2017.03

2017.02

2017.01

<< back

2016.12

2016.11

2016.10

2016.09

2016.08

2016.07

2016.06

2016.05

2016.04

2016.03

2016.02

2016.01

<< back

2015.12

2015.11

2015.10

2015.09

2015.08

2015.07

2015.06

2015.05

2015.04

2015.03

2015.02

2015.01

<< back

2014.12

2014.11

2014.10

2014.09

2014.08

2014.07

2014.06

2014.05

2014.04

2014.03

2014.02

2014.01

<< back

2013.12

2013.11

2013.10

2013.09

2013.08

2013.07

2013.06

2013.05

2013.04

2013.03

2013.02

2013.01

<< back

2012.12

2012.11

2012.10

2012.09

2012.08

2012.07

2012.06

2012.05

2012.04

2012.03

2012.02

2012.01

<< back

2011.12

2011.11

2011.10

2011.09

2011.08

2011.07

2011.06

2011.05

2011.04

2011.03

2011.02

2011.01

<< back

2010.12

2010.11

2010.10

2010.09

2010.08

2010.07

2010.06

2010.05

2010.04

2010.03

2010.02

2010.01

<< back

2009.12

2009.11

2009.10

2009.09

2009.08

2009.07

2009.06

2009.05

2009.04

2009.03

2009.02

2009.01

<< back

2008.12

2008.11

2008.10

2008.09

2008.08

2008.07

2008.06

2008.05

2008.04

2008.03

2008.02

2008.01

<< back

2007.12

2007.11

2007.10

2007.09

2007.08

2007.07

2007.06

2007.05

2007.04

2007.03

2007.02

2007.01

<< back

2006.12

2006.11

2006.10

2006.09

2006.08

2006.07

2006.06

2006.05

2006.04

2006.03

2006.02

2006.01

<< back

2005.12

2005.11

2005.10

2005.09

2005.08

2005.07

2005.06

2005.05

2005.04

2005.03

2005.02

2005.01

<< back

2004.12

2004.11

2004.10

2004.09

2004.08

2004.07

2004.06

2004.05

2004.04

2004.03

2004.02

2004.01

<< back

2003.12

2003.11

2003.10

2003.09

2003.08

2003.07

2003.06

2003.05

2003.04

2003.03

2003.02

2003.01

<< back

2002.12

2002.11

2002.10

2002.09

2002.08

2002.07

2002.06

2002.05

2002.04

2002.03

2002.02

2002.01

<< back

2001.12

2001.11

2001.10

2001.09

2001.08

2001.07

2001.06

2001.05

2001.04

2001.03

2001.02

2001.01

<< back

2000.12

2000.11

2000.10

2000.09

2000.08

2000.07

2000.06

<< back

 

2011.12.13 / Tue(その1)

canon iVIS HF G10

 【新しいHDビデオカメラを「衝動買い」してしまいました】の巻

12月1日(木)に、新しい「HDビデオカメラ」を「衝動買い」してしまいました。

これまで使っていた「HDビデオカメラ / canon iVIS HF21」を友人に貸しているので、しばらく「デジタル一眼レフカメラ / canon EOS Kiss X3」で、動画を撮影しておりました。

しかし、「デジイチ」ですと、1回の撮影時間が最長「約10分」しかないので、時間を測りながら撮影しており、非常に面倒でした。

そろそろ「紅葉」や「クリスマス・イルミネーション」などを、「長時間連続撮影」しなければならず、「どうしたものか?」と悩んでおりました。

友人から「ビデカメ」を返してもらえば、コトが簡単なのは分かっておりますが、「canon iVIS HF G10」という「ビデカメ」が、「非常にすばらしい」という噂を聞きつけ、思わず購入してしまった次第です。

▼ iVIS HF G10 / canon

canon iVIS HF G10

ほぼ「衝動買い」で、「予備知識」も「ゼロに近い」状態で購入してしまいました。

「なんとな〜く」知っていた情報は、「業務用ビデオカメラに近い」「広角レンズ」「マニュアル操作」といった言葉くらいで、それぞれの内容の詳細は知らないような状態でした。

購入してから、「液晶画面がタッチパネル」なのに驚いたくらいです。

購入したのは、「PCボンバー」で、お値段は税込「79,561円」でした。

▼ PCボンバー

1日(木)に「店頭取置」で発注して、2日(金)に店頭で購入しました。

「HF 21」が手元に無いので、並べて比較できませんが、「HF G10」は、けっこう「太っちょ」です。

でっかいフードが「本格派」っぽく見せてくれます。

canon iVIS HF G10

「フード」を外すと、やや「マヌケ」な感じがしないでもありません。

canon iVIS HF G10

「レンズ・キャップ」が「手動で取り外し」なのは「イマイチ」ですが、レンズが大きいので仕方が無いのかもしれません。

canon iVIS HF G10

液晶モニタは「3.5型ワイド」です。

canon iVIS HF G10

さらに、驚きの「タッチパネル」です。

canon iVIS HF G10

「内蔵メモリ(32GB)」に加え、「SDカード」は「2枚」挿入できます。

canon iVIS HF G10

「コネクタ&スロット類」には、カバーが付いており、「しっかりした造り」になっております。

canon iVIS HF G10

canon iVIS HF G10

「HF G10」の購入に合わせて、「バッテリ」も購入しておきました。

もちろん、価格の安い「互換バッテリ」です。

今回は奮発して、「互換バッテリ」を「2個」購入しました。

canon BP-808D 互換バッテリ

標準で付いてくるのは、「BP-808D」です。

購入した「互換バッテリ」は、一番大きい「BP-827D相当品」です。

canon iVIS HF G10

「充電器付き2個セット」を、マルっと購入しまして、お値段は「4,980円」、別途配送料が「400円」、合計で「5,380円」となっております。

ちなみに、コレを「canon純正品」で揃えますと、「バッテリーパック / BP-808D」が1個「20,000円(希望小売価格)」、「バッテリーチャージャー / CG-800D」が「8,000円(希望小売価格)」なので、全部で「48,000円」にもなります。

「互換品」なら、お値段「約10分の1」なのです。

さらに、「SDカード」も、新たに購入しました。

「SDカード」も奮発して、「SanDisk」の超高速タイプ「Extreme Pro」にしました。

「SDSDXPA-032G-J35」の海外版「-A75」を、「12,300円」で購入しました。

別途、送料が「118円」かかっているので、総額は「12,418円」になっております。

▼ Extreme Pro SDHC UHS-I カード / SanDisk

SanDisk Extreme Pro SDHC UHS-I SDSDXPA-032G-A75

この「Extreme Pro 32GB」と、カバーが一部欠損している「GREEN HOUSE 32GB」を使えば、内蔵メモリと合わせて「96GB」も動画が保存可能となるのです。

SDHC カード

長くなったので、突然ですが、この辺で、「第1弾」を終了としまする。

 

2011.11.13 / Tue(その2)

 【「canon iVIS HF G10」の時間に関する情報】の巻

canon iVIS HF G10「衝動買い」してしまった「HDビデオカメラ / canon iVIS HF G10」に関する「動画記録時間」と「バッテリ使用時間」を、大まかに書き留めておきます。

「表」などを作るのは面倒ですし、canonのサイトに詳しく書かれているので、自分が必要な情報を載せておくコトにします。

まずは、「バッテリ使用時間」について。

「記録モード」は、一番高画質の「MXP(高画質++)」の場合のみ掲載します。

付属のバッテリーパック「BP-808D」ですと、実使用時間は「約1時間」、canon純正の「BP-827D」ですと、実使用時間は「約3時間20分」となっております。

私の場合ですと、互換品を含む「バッテリ3個」で「約7時間40分」撮影可能となります。

canon iVIS HF G10

ちなみに、「canon純正バッテリ」ですが、型番の最後に「D」が付いているタイプと、付いていないタイプがあります。

canonのサイトにも書かれていますが、平成23年11月20日施行の改正電気用品安全法に対応した「バッテリ」や「バッテリーチャージャー」に「D」が付いています。

canonのサイトには書かれておりませんが、形状は(ほぼ?)同じ(?)ようなので、「バッテリ / バッテリーチャージャー」とも、「Dが付いているタイプ」と「Dが付いていないタイプ」は、使い回せる模様ですが、あくまで「お約束」の「自己責任」にてお願い致します。

「canon iVIS HF21」は「Dが付いていないタイプ」を使用しているので、友人宅から戻ってきたら、試してみようと思います。

続いて、「メモリへの動画記録時間」について。

同じく、「記録モード」は、「MXP(高画質++)約24Mbps(1920×1080画素)」の場合のみ掲載します。

「内蔵メモリー(32GB)」には、「約2時間55分」記録できます。

「32GBのSDHCカード」にも、同じく「約2時間55分」記録できます。

私の場合ですと、「内蔵32GB」に「SDHC32GB×2枚」で、「約8時間45分」記録できるコトになります。

「バッテリ」が「約7時間40分」で切れてしまうので、「メモリ」が「約1時間5分」余るコトになります。

しかし、「HF21」で使っている「バッテリ」も流用すれば、「HF G10」の撮影時間を、さらに延ばすコトが可能です。

さらに、「デジイチ」で使っている「32GB」の「SDHCカード」があるので、全戦力を投入すれば、「約12時間」くらい撮影できそうです。

SD メモリ カード

詳しい仕様は、canonのサイトにて確認して下さい。

▼ iVIS HF G10 仕様 / canon

これにて、「第2弾」を終了とさせて頂きます。

 

2011.12.13 / Tue(その3)

 【「SDカード」と「互換バッテリ」】の巻

新しいHDビデオカメラ「canon iVIS HF G10」を購入するのに併せて、「SDHCカード」と「互換バッテリ」を購入したのは、以前に書いた通りでございます。

ココでは、その詳細について、少し書いておこうと思います。

BP-827D 互換バッテリ

まずは、「互換バッテリ」について。

「amazon」に出品している「ウェブマートエイト」というトコロで購入しました。

購入時、amzonのサイトで「BP-827D互換バッテリ」を「2個」と「バッテリーチャージャー」をセットで販売していたのは、「ウェブマートエイト」だけでした。

「選択肢が無かった」と言えなくもないですが、この「ウェブマートエイト」は、「平日3pmまでの注文は、佐川急便で即日発送」というのが魅力でした。

実際、12月1日(木)の午後3時までに注文したトコロ、翌2日(金)の18時過ぎに届きました。

遙々(はるばる)、岡山からやってきました。

「amazon」の「当日お急ぎ便」と同じように購入できるので、非常に良かったです。

サイトには、「『リチウムイオンバッテリーの寿命を延ばすには』の説明書付き」と書かれていますが、この説明書は、「A5」の紙1枚構成になっております。

リチウムイオンバッテリーの寿命を延ばすには ウェブマートエイト

今回購入したバッテリ・セットは、お値段「4,980円」で、配送料が「400円」かかるので、合計「5,380円」です。

「セット」ではなく、「ばらばら」に購入すると、コレよりも安く購入できる場合があるかもしれません。

SDHC カード

次に、「SDHCカード」について。

コチラも「amazon」で購入しました。

前回は、「SanDisk」の「Extreme」を購入しました。

「読み取り/書き込み:最大30MB/秒」の「SDSDX-032G-J95」でした。

SanDisk SDSDX-032G-J95

今回は、それよりも高速な「SanDisk」の「Extreme Pro」を購入しました。

「読み取り:最大95MB/秒」「書き込み:最大90MB秒」の「SDSDXPA-032G-A75(海外版)」です。

SanDisk SDSDXPA-032G-A75

お値段は「12,300円」で、配送料が「118円」、合計で「12,418円」でした。

購入したのは、型番の末尾が「-A75」の「海外版」ですが、「日本向け」(と思われるモデル)の型番は、「SDSDXPA-032G-J35」です。

しかし「日本向け」モデルは、価格が約2倍の「25,000円前後」もします。

「海外版(-A75)」もしくは、「英語パッケージ(-X46)」ですと、価格は「12,000円前後」です。

▼ SDカード / SanDisk

私の場合は、購入時、「amazon」の「当日お急ぎ便」が使えるのが「海外版(-A75)」だけだったので、「英語パッケージ(-X46)」ではなく、「海外版(-A75)」にした次第です。

お値段的には、「英語パッケージ(-X46)」の方が、少し安かったと思います。

「日本向け」の「-J35」に「25,000円」かけるなら、ほぼ同じ価格で「SDXC:64GB」の「英語パッケージ(SDSDXPA-064G-X46)」を購入できます。

「日本向け」と「英語パッケージ/海外版」との価格差は、「円高」でしょうか。

「円高」の他は、「箱代」でしょうか?

SanDisk SDHC カード

「容量64GB」の「SDXCカード:SDSDXPA-064G-X46」の購入も検討したのですが、1枚で「約25,000円」は高いので、断念しました。

購入時には「検討条件」として考慮していなかったのですが、「バッテリ」と「SDカード」を「時間」対応させると、バッテリ「BP-827D=1個」に対して、SDカード「32GB=1枚」くらいになります。

従って、バッテリ「BP-827D=2個」ですと、「32GBのSDHCカードを2枚」か、「64GBのSDXCカードを1枚」購入すると、丁度良いでしょう。

金額的には、「BP-827D」の互換バッテリ2個を「約5,000円」で購入し、SDカード「64GB」分を「約25,000円」で購入し、追加出費は合計で「約30,000円」となります。

カバーが壊れている「GREEN HOUSE」の「SDHC:32GB」を使わずに、「約25,000円」出して、「SDXC:64GB」を購入しても、高くは無かったかもしれません。

と言ったトコロで、「第3弾」を終了しまする。

 

2011.12.13 / Tue(その4)

 【液晶保護プロテクターが欲しい】の巻

新しいHDビデオカメラ「canon iVIS HF G10」を購入したのですが、事前の情報収集をほとんどしないまま、ほぼ「衝動買い」したため、「液晶モニタがタッチパネルである」コトを、購入後に知りました。

canon iVIS HF G10 液晶モニタ タッチパネル

しばらく、そのまま使っていたのですが、やはり液晶モニタに貼る「保護フィルム」のようなモノが必要と思い、調査を始めました。

液晶サイズは「3.5インチワイド」で、いくつか「液晶保護フィルム」が発売されていました。

しかし、サイズを確認すると「幅78mm×高さ45mm」程度で、画面部分だけを覆うフィルムのようです。

幅78mm×高さ45mm

画面の周りの「黒い部分」も含め、モニタ部分すべてを覆えるフィルムの方が良いと思い、イロイロ当たりましたが、「ドンピシャ」のサイズの製品がありませんでした。

モニタ部分すべてを覆うとなると、「幅88mm×高さ53mm」必要になります。

「インチ」で言うと、「4インチワイド(幅88mm×高さ49mm)」が近いです。

幅88mm×高さ53mm

カットするのが面倒なので、「ゲーム機」や「携帯電話」や「カーナビ」でも何でも良いのですが、それでも「ドンピシャ」のサイズの製品が見当たりません。

特に、「ゲーム機」や「携帯電話」などの「フィルム」ですと、「そのモデル専用」なので、「寸法(mm)」が表記されていないので、わからないのです。

そんなワケで、とりあえず、「Apple Magic TrackPad」用の「スリック・フィルム」を、カットして貼り付けてみました。

この「スリック・フィルム」は、「2枚」入っていたので、「1枚」余っておりました。

trackpad slick film 703

しかし、「カット」に失敗し、微妙に大きかったため、一度剥がして、「カット」し直して、再度、貼り付けたら、見事に「ゴミ」や「気泡」が入ってしまいました。

液晶保護フィルム 失敗作

「スリック・フィルム:1枚」からは、「液晶モニタ:2枚分」が切り出せるので、新たに、もう1枚切り出せば良いのですが、「ゴミ」や「気泡」が入ってしまっていても、個人的には問題無いので、しばらく、このまま使うコトにします。

 

2011.12.31 / Sat

毎年恒例、「2011年マルっと1年分のマック関連出費」の総額を発表しまするっ!

ドラムロール、ド〜ン!

ドロドロドロドロドロドロ〜(←ドラムロールのつもり)、ジャジャーン、2011年は、「470,725円」でしたっ!

「日記」を確認したトコロ、いくつか「間違え」を見つけたので、あとでコッソリ修正しておきます。

ココに書かれている金額は、「修正後」となります。

それでは、月ごとに、購入したモノを挙げておきます。

 

金額 内容
1月 12,670円 mobile me 更新、書籍類3冊、、マック雑誌
2月 2,291円 【削除】、マック雑誌
3月 21,161円 Toast 11 Titanium、HDD、DVD-R:100枚、DiskWarrior 4.3 DVD、書籍類2冊、マック雑誌
4月 9,224円 TechTool Pro 6、【削除】、Aunsoft Video Conveter for Mac、マック雑誌
5月 11,940円 複合機のインク2個、デジイチのリモコン、マック雑誌
6月 23,091円 赤外線フィルタ、AppleCare for iPhone、CD-R:50枚×2個、書籍類1冊、マック雑誌
7月 145,410円 ATOK 2011、Lion、Mac mini、SSD、4GBメモリ×2枚、マック雑誌
8月 13,849円 ドライバー、ネジザウルス、ネジはずし、シリコン接着剤、Lion USB版、マック雑誌
9月 24,447円 SuperDrive、HDD×2台、マック雑誌
10月 47,238円 HDケース、DVD-R:50枚×2個、CD-R:50枚×2個、三脚、SDHCカード、書籍類8冊、マック雑誌
11月 39,497円 書籍類4冊、8GBメモリ×2枚、【削除】、マック雑誌
12月 119,907円 ビデカメ、互換バッテリ+充電器、Magic Trackpad、スリック・フィルム、USBハブ、カードリーダー、USBメモリ、SDHCカード、書籍類4冊、電源タップ2個、マック雑誌
合計 470,725円  

 

ココ何年かは、1年の目標額or限度額は「30万円」なので、大幅にオーバーです。

「メイン・マシン」を買い換えたのと、「新しいビデカメ」を買ったのが、「30万円オーバー」の原因です。

この2つが無ければ、「30万円以内」に抑えられたと思われます。

「Mac mini / Mid 2011」購入は、作業効率のアップにつながっているので「良し」として、「canon iVIS HF G10」の購入は、ほぼ間違いなく「無駄遣い」です。

「canon iVIS HF21」と2台並んで鎮座しているのを見れば、すぐにわかります。

例年と違うトコロは、「iTunes Store」で買い物をしていないコト、と「書籍類」の購入が多いコトです。

来年、「2012年」の「目標額or限度額」も、「30万円」としておきます。

最後に、過去の年間マック関連出費を記しておきまする。

 

金額
2002年 156,435円
2003年 202,738円
2004年 250,508円
2005年 425,287円
2006年 505,349円
2007年 803,567円
2008年 109,766円
2009年 659,283円
2010年 362,555円
2011年 470,725円

 

 

 

 

▲ このページの先頭へ