<< back

2017.02

2017.01

<< back

2016.12

2016.11

2016.10

2016.09

2016.08

2016.07

2016.06

2016.05

2016.04

2016.03

2016.02

2016.01

<< back

2015.12

2015.11

2015.10

2015.09

2015.08

2015.07

2015.06

2015.05

2015.04

2015.03

2015.02

2015.01

<< back

2014.12

2014.11

2014.10

2014.09

2014.08

2014.07

2014.06

2014.05

2014.04

2014.03

2014.02

2014.01

<< back

2013.12

2013.11

2013.10

2013.09

2013.08

2013.07

2013.06

2013.05

2013.04

2013.03

2013.02

2013.01

<< back

2012.12

2012.11

2012.10

2012.09

2012.08

2012.07

2012.06

2012.05

2012.04

2012.03

2012.02

2012.01

<< back

2011.12

2011.11

2011.10

2011.09

2011.08

2011.07

2011.06

2011.05

2011.04

2011.03

2011.02

2011.01

<< back

2010.12

2010.11

2010.10

2010.09

2010.08

2010.07

2010.06

2010.05

2010.04

2010.03

2010.02

2010.01

<< back

2009.12

2009.11

2009.10

2009.09

2009.08

2009.07

2009.06

2009.05

2009.04

2009.03

2009.02

2009.01

<< back

2008.12

2008.11

2008.10

2008.09

2008.08

2008.07

2008.06

2008.05

2008.04

2008.03

2008.02

2008.01

<< back

2007.12

2007.11

2007.10

2007.09

2007.08

2007.07

2007.06

2007.05

2007.04

2007.03

2007.02

2007.01

<< back

2006.12

2006.11

2006.10

2006.09

2006.08

2006.07

2006.06

2006.05

2006.04

2006.03

2006.02

2006.01

<< back

2005.12

2005.11

2005.10

2005.09

2005.08

2005.07

2005.06

2005.05

2005.04

2005.03

2005.02

2005.01

<< back

2004.12

2004.11

2004.10

2004.09

2004.08

2004.07

2004.06

2004.05

2004.04

2004.03

2004.02

2004.01

<< back

2003.12

2003.11

2003.10

2003.09

2003.08

2003.07

2003.06

2003.05

2003.04

2003.03

2003.02

2003.01

<< back

2002.12

2002.11

2002.10

2002.09

2002.08

2002.07

2002.06

2002.05

2002.04

2002.03

2002.02

2002.01

<< back

2001.12

2001.11

2001.10

2001.09

2001.08

2001.07

2001.06

2001.05

2001.04

2001.03

2001.02

2001.01

<< back

2000.12

2000.11

2000.10

2000.09

2000.08

2000.07

2000.06

<< back

 

2008.10.24 / Fri(その1)

Mouse 青

久しビリの「コラム」は、「マウスを買った」話ヅラ。

これまでは、「Microsoft Wireless Laser Mouse 8000」を使っておった。

Bluetooth 接続の「ワイヤレス」なので、コードが無い分「自由が利く」のが便利な反面、電池が内蔵されていて「重い」という悪い面もあった。

それでも使っていたのは、その前に使っていた「Microsoft IntelliMouse Exoplorer」が、壊れてしもうたからだ。

良く憶えていないが、確か「クリック・ボタン」がヘタって、反応が鈍くなったのだったと思ふ。原因は「使い過ぎ」でしょうか?

そこで、以前に買ってあったのけど、重くて使ってなかった「Laser Mouse 8000」を、仕方なく使っていたのら。「出費抑制」の為、新しいマウスを買わずに我慢していたのら。

と言いつつ、当初の「重さ」は、さほど気にならず、けっこう普通に使っておったのだけれどもぉー。

トコロが最近、「微妙な動きに反応しない」という不具合が発生。

「レーザー」なので、読み取り能力は高いはずだのに、マウスの「微妙な動き」に、カーソルが追従せず、跳ねてしまうのら。

マウスパッドを交換してみたが、症状は改善せず。

「どうしたもんか?」と、ずーっと悩んでおったのさ。

そんな時、プリンタで写真を印刷すんのに、「写真用紙」を買いに行った「ビック★カメラ」で、「IntelliMouse Explorer」の「コバルト・ベイシン(青)」をハケーン!

マウス青

てのも、この「コバルト・ベイシン(青)」、「今まで「ビック★カメラ」で、在庫を見たコトが無かったのら。

「シルバー」と「クリムゾン・ファイア(赤)」は見かけるんですけど。

んなワケで、思わず買ってしもうた。

これで、「シルバー」「クリムゾン・ファイア(赤)」「コバルト・ベイシン(青)」の3色「コンプリート」だっ!

マウス4コ

で、壊れてる「クリムゾン・ファイア(赤)」から、「カバー」だけ移植しようかな。

てのも、部屋の「インテリア」つーか「小物類」を、「赤」で統一してるからだ。

マウス赤

だったら「最初から、クリムゾン・ファイア(赤)を買えよ」と言われそうだが、やぱ「3色コンプリート」でしょ。同じ色のマウスが2つあるのも、ナンですしぃー。

しかし、この「コバルト・ベイシン(青)」、殊の外、「しっくり」来ている。このままで、もんすごく使い易い。

前の「シルバー」と「クリムゾン・ファイア(赤)」は、クリックボタンのストロークがやや浅かったり、スクロールホイールが「グリス塗り過ぎ」で重かったりして、スムーズに使えるようにするのに、分解調整したりしたのら。

こんだけ調子の良い「コバルト・ベイシン(青)」を、カバー交換の為に分解したくない。分解すると、かえって調子が悪くなったりする危険があるからなぁー。

てなワケで、今んトコ、カバーは交換せず、「青」のまま使っておる。

密かに企んでいるのが、もう1つ「クリムゾン・ファイア(赤)」を買ってしまうといふ作戦だ。

この「Microsoft IntelliMouse Explorer」は、ヲラの手の大きさに「ジャスト・フィット」で、もんすごく使い易いマウスなのら。

これに優るマウスは無いな、たぶん。

もう1コくらい、予備に持ってても、イイんじゃないかと思ひまーす。

でも、「ビック★カメラ」ですと、「3,570円」します。ポイントが1万円分くらいあるのだけど、どーぢーよーがなぁー。

2008.10.24 / Fri(その2)

キャノン・フォトペーパー

今回は、「Canon の写真用紙を買った」話ヅラ。

「ビック★カメラ」に行って、Canon 純正の写真用紙を買ってきた。

イロイロ種類があったが、たぶん一番安いと思わるるモノを買った。

とゆーのも、急遽、写真を大量にプリントアウトしなければならなくなり、家にあった在庫が少なくなったからだ。

まだまだ印刷する予定なので、急遽、写真用紙を購入したワケだ。

「400枚入り」で「1,480円」だつた。

用紙は、そんなに高くないので良いとして、インクも大量に消費している。インクはお値段が高いので「ビクビク」だ。

インク残量

一応、印刷はすべて完了したのだが、「イエロー」の残りが少なくなっている。

インク黄色

インクは、以前に「全色」買ってあるので、大丈夫。でも、「イエロー」を交換したら、また、「全色」一気に買っておこうか…。

1色ずつ買うより、全色買った方が、トータルでは「割安」だよね?

でも、「イエロー」だけ集中的に消費さるるなら、「イエロー1色だけ」買った方がイイよね。

とりあえず、今後の減り具合を確認しつつ、どのように予備のインクを購入するか、考えるコトにす。

ところで、写真を大量に印刷して思おたが、今回は「写真サイズ」で印刷したが、風景写真を「ハガキサイズ」で印刷して、「写真立て」に入れて、インテリアにしたいくなってる。

 

▲ このページの先頭へ