<< back

2017.04

2017.03

2017.02

2017.01

<< back

2016.12

2016.11

2016.10

2016.09

2016.08

2016.07

2016.06

2016.05

2016.04

2016.03

2016.02

2016.01

<< back

2015.12

2015.11

2015.10

2015.09

2015.08

2015.07

2015.06

2015.05

2015.04

2015.03

2015.02

2015.01

<< back

2014.12

2014.11

2014.10

2014.09

2014.08

2014.07

2014.06

2014.05

2014.04

2014.03

2014.02

2014.01

<< back

2013.12

2013.11

2013.10

2013.09

2013.08

2013.07

2013.06

2013.05

2013.04

2013.03

2013.02

2013.01

<< back

2012.12

2012.11

2012.10

2012.09

2012.08

2012.07

2012.06

2012.05

2012.04

2012.03

2012.02

2012.01

<< back

2011.12

2011.11

2011.10

2011.09

2011.08

2011.07

2011.06

2011.05

2011.04

2011.03

2011.02

2011.01

<< back

2010.12

2010.11

2010.10

2010.09

2010.08

2010.07

2010.06

2010.05

2010.04

2010.03

2010.02

2010.01

<< back

2009.12

2009.11

2009.10

2009.09

2009.08

2009.07

2009.06

2009.05

2009.04

2009.03

2009.02

2009.01

<< back

2008.12

2008.11

2008.10

2008.09

2008.08

2008.07

2008.06

2008.05

2008.04

2008.03

2008.02

2008.01

<< back

2007.12

2007.11

2007.10

2007.09

2007.08

2007.07

2007.06

2007.05

2007.04

2007.03

2007.02

2007.01

<< back

2006.12

2006.11

2006.10

2006.09

2006.08

2006.07

2006.06

2006.05

2006.04

2006.03

2006.02

2006.01

<< back

2005.12

2005.11

2005.10

2005.09

2005.08

2005.07

2005.06

2005.05

2005.04

2005.03

2005.02

2005.01

<< back

2004.12

2004.11

2004.10

2004.09

2004.08

2004.07

2004.06

2004.05

2004.04

2004.03

2004.02

2004.01

<< back

2003.12

2003.11

2003.10

2003.09

2003.08

2003.07

2003.06

2003.05

2003.04

2003.03

2003.02

2003.01

<< back

2002.12

2002.11

2002.10

2002.09

2002.08

2002.07

2002.06

2002.05

2002.04

2002.03

2002.02

2002.01

<< back

2001.12

2001.11

2001.10

2001.09

2001.08

2001.07

2001.06

2001.05

2001.04

2001.03

2001.02

2001.01

<< back

2000.12

2000.11

2000.10

2000.09

2000.08

2000.07

2000.06

<< back

 

2011.10.03 / Mon(その1)

【削除しました】の巻

 

2011.10.03 / Mon(その2)

【一緒に、三脚も買いました】の巻

「ハードディスク・ケース」と一緒に、「三脚」も買いました。

JOBY ゴリラポッド SLR-ZOOM+自由雲台 GP3-BH以前に購入したのとまったく同じ「JOBY ゴリラポッド SLR-ZOOM+自由雲台 GP3-BH」です。

現在、保有している同じ三脚を、友人に貸すコトになったのですが、貸している間、車載動画が撮影できなくなってしまうので、新たに「もう1個」購入した次第です。

車載動画を撮影する際、「デジイチ(デジタル一眼レフカメラ)」と「ビデカメ(ビデオカメラ)」を2台一緒に、車内に設置したかったので、いずれ、三脚を「もう1個」購入する予定でした。

重たい「デジイチ」用には、「GP3-BH」ですが、それより軽い「デジカメ」用には、どのモデルにしようか悩んでおりました。

「SLR」よりも小さい「ゴリラポッド」や「ゴリラポッド・ビデオ」、もっと大きい最上位モデル「ゴリラポッド・フォーカス」など、イロイロなモデルがあります。

結局、現在使っているモデルが使いやすいので、同じモノにしました。

「iPhone 4」用もあります。

▼ JOBY ゴリラポッド SLR-ZOOM+自由雲台 GP3-BH / ケンコー・トキナー

それから、ついでに、「CD-Rメディア」と「DVD-Rメディア」も購入しました。

CD-RDVD-R

「CD-Rメディア」は、「太陽誘電製 That’s CD-Rデータ用 48倍速700MB 光沢・耐水写真画質ワイドプリンタブル スピンドルケース50枚入 CDR80WKY」にしました。

「DVD-Rメディア」は、「太陽誘電製 That’s DVD-Rデータ用 16倍速4.7GB 写真画質ワイドプリンタブル スピンドルケース50枚入 DR-47WSY50BN」にしました。

どちらも、ポイントは、「日本製」「ワイドプリンタブル」「50枚スピンドル」「盤面文字無し」です。

それぞれ、「2個ずつ」購入しました。

現在のストックは、「CD-Rメディア」が「約20枚」、「DVD-Rメディア」が「約40枚」でした。

それぞれ「100枚」増えたので、年内は保つでしょう。

 

2011.10.08 / Sat

【やっとSSDにLionをインストールできました】の巻

「ハードディスク」を大量に接続して、「データ整理」を行っておりますが、飽きてきたので、別の作業も実施しました。

現在の「メイン・マシン」である「Mac mini / Mid 2011」に内蔵している「SSD」に、「Lion」をインストールする作業にチャレンジしてみました。

原因はわからないのですが、どうやっても「SSD」に「Lion」をインストールできないので、未だに「HDD」を使っております。

「SSD」と「HDD」の「2台」を内蔵しているのに、速度の遅い「HDD」しか使っていないのです。

OS X Lion USBメモリ版

「SSD」に「Lion」をインストールすべく、「OS X Lion USBメモリ版」を使用しても、「このコンピュータには、インストールできません」と表示されてしまうのです。

Mac miniそこで、今回は、1コ前の「メイン・マシン」である「Mac mini / Early 2009」を引っ張り出して来ました。

この「Early 2009」に、「Mid 2011」に内蔵している「SSD」を接続して、「Lion」をインストールしてみました。

「Mid 2011」をバラして「SSD」を取り出し、「Early 2009」に接続した「裸族のお立ち台」に挿入して、作業しました。

そうしたら、やっと「インストール」するコトができました。

SSD

その後、「Lion」のインストールに成功した「SSD」を、「Mid 2011」に戻して、「SSD」を「起動ディスク」に設定して、起動してみました。

起動不全トコロが、起動できませんでした。

そこで、「OS X Lion USBメモリ版」や、自分で作成した「インストールDVD」を使って、「Lion」のインストールを試してみました。

以前と違い、「SSD」には「Lion」がインストールできているので、「挙動が変わって、インストールできるのでは?」と思いましたが、ダメでした。

しかし、「TimeMachineからの復元」を試してみたトコロ、上手く行きました。

Lion インストール

「HDDのバックアップ」を「SSD」に復元するコトでき、その「SSD」から起動できるようになりました。

以前は、「復元」もできませんでした。

このまま、「SSD」を「起動ディスク」にして、使い始めても良いのですが、「SSD」に復元した「TimeMachineのバックアップ」が少し古く、「HDD」と「差」があるので、調整してから使おうと思います。

とりあえず、本日の作業は、ココまで。

 

2011.10.09 / Sun(その1)

【ペンチとプライヤーの違い】の巻

本日から、「読み物」のコーナーを、コチラの「コラム」と統合するコトにしました。

それと同時に、こちらの「コラム」では、「Mac & Apple」とは、多少「離れた内容」についても書いていこうと思います。

「第1弾」となる今回は、「ペンチ」と「プライヤー」の「違い」について書きます。

「Mac mini Mid 2011」を分解する際に、当初、「T-6」の「トルクス・ドライバー」が無かったので、他のドライバー類を駆使して分解しました。

その際、「ネジ」をナメてしまい、新たに「ネジザウルス(m2)」という「ナメたネジを回す工具」を、新規に購入しました。

ネジザウルス m2

この「ネジザウルス」を説明する際、この工具が「ペンチ」なのか「プライヤー」なのか迷ったコトが、今回のテーマの元になっております。

ちなみに、私は、「ペンチ」と「ラジオペンチ」は持っていますが、「プライヤー」は、持っていないので、「(一般的な)プライヤー」の画像はありません。

ペンチ

ネットで調べたトコロ、「針金などを切断できるのがペンチ」で「できないのがプライヤー」、「左右の刃?を留める中心部分が平らなのがペンチ」で「出っ張ってるのがプライヤー」などの説明を発見しました。

しかし、この説明を「ネジザウルス」に当てはめてみると、「前者」ですと「プライヤー」、「後者」ですと「ペンチ」というコトになってしまいます。

個人的には、「見た目」が「ペンチ」に似ているので、「ペンチ」と呼びたいのですが、「握る部分」に、しっかりと「プライヤー(PLIERS)」と書かれておりました。

ネジザウルス m2

従って、この「ネジザウルス」は「プライヤー」というコトで一件落着です。

ちなみに、「ペンチ」は「和製英語」なので、外国では通じないそうです。

「英語」だと、「ペンチ」も「ラジオペンチ」も、「PLIERS」と表記するそうです。

結局、私のトコロでは、この「ネジザウルス」を活用する場面は無かったのですが、後日、「ネジザウルス」の話をした友人が「貸してくれ!」というので、持って行ってあげました。

その友人は、ナメたネジが外せなくて、非情に困っていたのですが、「ネジザウルス」を使ったトコロ、一発でナメたネジを外すコトができました。

ポイントは、「先端が丸くなっている」トコロと、「先端にタテに溝が刻まれている」トコロです。

▼ ネジザウルス / エンジニア

ネジザウルスm2

しかし、「ネジザウルス」で、外せないネジもあります。

それは、「皿ネジ」など、「頭部が埋まっている」場合です。

そういう場合は、別のモノを使って下さい。

「ナメたネジ」を外す「方法」や、それに用いる「工具(用具)」は、イロイロあります。

ナメたネジ山に塗る「摩擦増強剤」や、「新たにネジ山を刻む工具」などもあります。

摩擦増強剤 ネジはずし

全部は紹介しきれないので、あとは、ネットで検索して下さい。

 

 

 

2011.10.09 / Sun(その2)

【「Mac mini Mid 2011」の内蔵電池】の巻

「Mac mini 分解&改造」のページで、「Mac mini Mid 2011」の内蔵電池について書いております。

▼ Mac mini(Mid 2011)の内蔵電池を交換する / Mac mini 分解&改造

「Mac mini Mid 2011」の内蔵電池は、「BR2032」を使っていますが、巷では、なかなか見かけない電池です。

BR2032

巷でよく見かけるのは、「CR2032」です。

この「『BR2032』と『CR2032』は、ドコが違うのか?」というのが、今回の内容です。

主な「違い」は、「正極」に「フッ化黒鉛(BR2032)」を使っているか、「二酸化マンガン(CR2032)」を使っているか、です。

「BR2032」は、「CR2032」に比べて、高温での性能維持や長期信頼性に優れています。

「CR2032」は、「BR2032」に比べて、電流容量が多く、放電電流も大きくなっています。

このため、「低負荷」の場所では「BR2032」が、「高負荷」の場所では「CR2032」が適しています。

型番が示す通り、サイズは、まったく同じ。

「直径20mm」で、「高さ3.2mm」なので、「2032」です。

ちなみに、最初の「B」は「フッ化黒鉛」、「C」は「二酸化マンガン」を表す記号で、その次の「R」は「円形」を表しています。

サイズは同じですが、「BR2032」より「CR2032」の方が、重くなっています。

ほとんど、「Wiki」からの情報なので、もっと詳しく、正確な情報が欲しい方は、自分で調べて下さい。

「Mac mini Mid 2011」の内蔵電池を交換する場合、「CR2032」を使っても、たぶん大丈夫かと思いますが、あくまで、「自己責任」でお願いします。

CR2032

▼ BR2032 / Panasonic

▼ CR2032 / Panasonic


2011.10.09 / Sun(その3)

【「canon EOS Kiss X3」が壊れてしまった】の巻

姉さん、事件ですっ!

デジタル一眼レフカメラ「canon EOS Kiss X3」の「SDカードリーダー部分」が壊れてしまいました。

「SDHCカード」を挿入しても、跳ね返って、戻ってきてしまいます。

これでは、写真や動画が撮れません。

「カメラ本体を canon に送って修理か?」と、面倒で嫌な気持ちになりましたが、フト思い付いて、カードリーダー部分を下にして、カメラ本体を強く振ってみました。

そうしたら、「プラスチックの破片」が落ちてきました。

GREEN HOUSE GH-SDHC32G6D

「カードリーダー内部」に、「SDHCカードの破片」が詰まっていたのでした。

使っていた「GREEN HOUSE」の「SDHCカード」は、壊れているケースを修理して使っていたのでした。

ケースが剥がれてしまい、「表裏2分割」したモノを、接着して再利用していました。

さらに、ケースの先端部分が欠けてしまっておりました。

今回は、欠けた先端部分が、さらに欠けて、カメラのカードリーダー内に落ちたのが原因でした。

GREEN HOUSE GH-SDHC32G6D

GREEN HOUSE GH-SDHC32G6D

GREEN HOUSE GH-SDHC32G6D

「被害」が広がらないよう、この「SDHCカード」の使用を中止し、新たに「SDHCカード」を購入するコトにしました。

今回は、奮発して、高いカードを購入してみました。

「SanDisk SDHC カード Extreme SDHC UHS-1 Class10 32GB SDSDX-032G-J95」で、税込「8,081円」でした。

SanDisk SDHC カード Extreme SDHC UHS-1 Class10 32GB SDSDX-032G-J95

すぐに必要なので、「amazonの当日お急ぎ便」にて発注しました。

午前中に発注したら、夕方に届きました。

SanDisk SDHC カード Extreme SDHC UHS-1 Class10 32GB SDSDX-032G-J95

この「SDSDX-032G-J95」は、一応、「ビデオカメラ向け」の製品のようです。

「デジタル一眼レフ向け」は、「SDSDXP1-032G-J95」のようですが、少し高い(11,339円)のと、当日中に届かないので、「SDSDX」の方にしました。

「デジイチ」で使っても、特に問題は無いようです。

破損している「GREEN HOUSE の SDHCカード(GH-SDHC32G6D)」は、もったいないので、「ビデカメ」に装着しようと思っております。

「ビデカメ」で撮影した動画は、「カードリーダー経由」でなく、「USBケーブル」を接続して、Mac に読み込ませるので、「SDHCカード」を入れっ放しにしておけます。

「GREEN HOUSE の SDHCカード」は、「CLASS 6」なので、恐らく、ビデカメでも使えると思うのですが…。

ビデカメ本体を、友人に貸しているので、戻ってきたら、試してみようと思います。

 

2011.10.25 / Tue

【最近、大量に本を購入しているのです】の巻

「Steve Jobs」関連の本や雑誌を、購入しております。

今後も、しばらく、続きそうです。

24日に発売された「伝記」は、「英語版(洋書)」「日本語版(和書)」ともに、「amazon」で予約してありました。

しかし、発売初日には届かず、本日25日なって、まず「英語版」が届きました。

Steve Jobs 伝記 英語版

「英語版」は、「英語の勉強」の為に購入したモノで、「TOEIC:12点」の私は、すぐに読むコトはできません。

「TOEIC」の「綴り(つづり)」すら、調べないと、わからないくらいの「レベル」です。

「amazon」のサイトで確認したトコロ、「日本語版1」の「お届け予定日」が「10月27日〜29日」になっておりました。

すぐに読むワケでもないので、「amazon」でも良かったのですが、「日本語版の装丁」が話題になっていたので、「帯」が確実に付いている「書店」で購入するコトにしました。

Steve Jobs 伝記 日本語版1

「amazon」では、本の「帯」は取ってしまうらしいですが、この「Steve Jobs の伝記」では、どうだったでしょうか?

Steve Jobs 日本語版1 帯

確かに、話題になっている通り、「日本語版の装丁」は、「シンプルではない」です。

「帯」を外せば、かなり「シンプル」になりますが、「オレンジ色」が使われていたりして、「Mac」の「シンプルなイメージ」とは、ズレてしまっているように思います。

Steve Jobs 伝記

「英語版」は「1冊」なのに、「日本語版」は「2冊」なのも話題になっているようですが、コレは「2冊」で良いと思います。

「1冊」にまとまってる「英語版」は「デカい」です。

Steve Jobs 伝記

本のサイズも、日本ではあまり見ない大きさです。

「英語」と「日本語」の「文字数」や「文字の大きさ」などから、単純には比較できませんが、「日本語版」の「本の大きさ」や「2冊に分かれている点」や「価格」は、私の「許容範囲」には収まっています。

「装丁」は、「シンプル」にして欲しかったですが、「シンプル」にすると、「1」と「2」の区別が付きにくくなってしまうかもしれません。

「日本語版2」も、「amazon」で予約していますが、発売日が「11月2日」なのに、「お届け予定日」は「11月4日〜6日」になっています。

こちらも、「1」と同様に、発売日に届かなかったら、「amazon」はキャンセルして、「書店」で購入するかもしれません。

すぐに読まないのに、キャンセルして、「amazon」さん、ごめんなさい。

「発売初日」に届かないのは、予約が遅かったからでしょうか?

けっこう早くに予約したつもりなんですが…。

「MacPeople 増刊号」「Mac Fan 増刊号」「AERA」「Newsweek 日本語版」など、「Steve Jobs」に関する雑誌も、たくさん購入してありますが、ほとんど読んでいません。

Steve Jobs 関連 書籍

「Steve Jobs の伝記・英語版」を除いて、これから、ドンドン読んでいく所存です。

「Mac」とは関係無く、「『読書の秋』だし、もっと本を読もう!」という「キャンペーン」を、個人的に実施しているので、「Steve Jobs 関連」以外の本を、先に読んでいたりします。

「ユニクロ帝国の光と影」を読んだので、同じ著者の「潜入ルポ アマゾン・ドット・コム」も読みました。

この「アマゾン」の本で、「amazon は本の帯を取ってしまう」コトを知りました。

「Mac関連出費」に含めるか迷いましたが、含めないコトにしました。

「ユニクロ」は、内容が浅く、面白くなかったですが、「アマゾン」は、まあまあ読めました。

「上から目線」での批評で申し訳ありませんが、どちらも、読まなくても良いと思います。

「アマゾン」の方は、少し前の本なので、文庫化に伴い「加筆」してありますが、基本的な部分の内容は「古い」です。

他にも、「買ったまま放置」してある本が「いくつか」あるので、「Steve Jobs」関連の本と合わせて、読み進めていこうと思います。

本の山

 

 

 

 

 

▲ このページの先頭へ