<< back

2017.06

2017.05

2017.04

2017.03

2017.02

2017.01

<< back

2016.12

2016.11

2016.10

2016.09

2016.08

2016.07

2016.06

2016.05

2016.04

2016.03

2016.02

2016.01

<< back

2015.12

2015.11

2015.10

2015.09

2015.08

2015.07

2015.06

2015.05

2015.04

2015.03

2015.02

2015.01

<< back

2014.12

2014.11

2014.10

2014.09

2014.08

2014.07

2014.06

2014.05

2014.04

2014.03

2014.02

2014.01

<< back

2013.12

2013.11

2013.10

2013.09

2013.08

2013.07

2013.06

2013.05

2013.04

2013.03

2013.02

2013.01

<< back

2012.12

2012.11

2012.10

2012.09

2012.08

2012.07

2012.06

2012.05

2012.04

2012.03

2012.02

2012.01

<< back

2011.12

2011.11

2011.10

2011.09

2011.08

2011.07

2011.06

2011.05

2011.04

2011.03

2011.02

2011.01

<< back

2010.12

2010.11

2010.10

2010.09

2010.08

2010.07

2010.06

2010.05

2010.04

2010.03

2010.02

2010.01

<< back

2009.12

2009.11

2009.10

2009.09

2009.08

2009.07

2009.06

2009.05

2009.04

2009.03

2009.02

2009.01

<< back

2008.12

2008.11

2008.10

2008.09

2008.08

2008.07

2008.06

2008.05

2008.04

2008.03

2008.02

2008.01

<< back

2007.12

2007.11

2007.10

2007.09

2007.08

2007.07

2007.06

2007.05

2007.04

2007.03

2007.02

2007.01

<< back

2006.12

2006.11

2006.10

2006.09

2006.08

2006.07

2006.06

2006.05

2006.04

2006.03

2006.02

2006.01

<< back

2005.12

2005.11

2005.10

2005.09

2005.08

2005.07

2005.06

2005.05

2005.04

2005.03

2005.02

2005.01

<< back

2004.12

2004.11

2004.10

2004.09

2004.08

2004.07

2004.06

2004.05

2004.04

2004.03

2004.02

2004.01

<< back

2003.12

2003.11

2003.10

2003.09

2003.08

2003.07

2003.06

2003.05

2003.04

2003.03

2003.02

2003.01

<< back

2002.12

2002.11

2002.10

2002.09

2002.08

2002.07

2002.06

2002.05

2002.04

2002.03

2002.02

2002.01

<< back

2001.12

2001.11

2001.10

2001.09

2001.08

2001.07

2001.06

2001.05

2001.04

2001.03

2001.02

2001.01

<< back

2000.12

2000.11

2000.10

2000.09

2000.08

2000.07

2000.06

<< back

 

2016.02.02 / Tue

【キーボードを追い求めて】の巻

「手首が痛い」ので、「マウスの次」は、「キーボード」を換えてみるコトにしました。

同じような理由で、以前に、手に優しい「マウス」を探求する旅に出ておりました。

マウスを「15個くらい」購入しましたが、ワタクシの手に合う「マウス」は見つからないまま、「キーボード」の旅に出ます。

「エルゴノミクス(人間工学)」的なキーボードは、製品自体が少なく、ほとんどが「Windows向け」です。

「探求の旅」は、「そう長くはならない」と思います。

できれば、「Mac」で使いたいのですが、「Mac」と「Win」では、「control」「option」「command」「かな漢字変換」などの「キー(配列)」が違うので、「Windowsマシン」で使う予定です。

Microsoft Comfort Curve Keyboard 3000

早速、価格が非常に安かった「Microsoft Comfort Curve Keyboard 3000」を購入してみました。

「amazon」でのお値段は「1,773円」でした。

使用してみたトコロ、すぐに「使いにくいトコロ」を発見してしまいました。

「テンキー」を使用する際に、「(右手)親指を置く場所が無い」のです。

Microsoft Comfort Curve Keyboard 3000

「テンキー」の「0(ゼロ)」の左側に、すぐに「▶キー(右矢印キー)」があり、この間に「隙間が無い」のです。

Apple Keyboard

「テンキー」を使用する際、この「隙間」に、右手親指を置きますよね?

「テンキーを多用する」ので、「この隙間が無い」キーボードは、「指」が受け付けません。

「即効→お蔵入り」と相成りました。

お店などで、実物を触れば、「すぐにわかりそう」ですが、「とりあえず購入してみる」という作戦なので、このようなコト(=無駄)も起こります。

「この隙間が重要である」コトから、「『テンキーが別(無い)』のキーボードも『アリ』かな?」との認識を得られたのが、「収穫」と言えなくも無いです。

Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000

続いて、「Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000」を購入してみました。

お値段は、「3,200円」でした。

「キーボード」自体がデカく、設置にスペースが必要なので、第一印象はあまり良くありませんでしたが、実際使ってみると、「かなり良い」です。

Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000

特に、「パームリフト」が、手首への負担軽減に役立っているようです。

キーボード底面の「手前側」に、この「パームリフト」と取り付けると、キーボード手前側が高く、奥側が低くなります。

この「前のめり?」の状態でキーを叩くと、非常に「ラク」です。

Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000

「Mac mini」に接続して短時間使用してみましたが、「手首に、かなり良い感じ」がしております。

短時間しか使用していないので、「キー・ストーローク」や「キーの微妙な位置(関係)」など、「その他の感触」については、後日、お伝えしようと思います。

Microsoft Sculpt Ergonomic Desktop(L5V-00030)

次に狙うは、「Microsoft Sculpt Ergonomic Desktop(L5V-00030)」です。

コレも、Webで見ているだけで、実際に触ったコトはありません。

「無線」なのと、「テンキーが別」なのが特徴でしょうか?

「無線マウス」も付属しておりますが、「マウスが無いタイプ(5KV-00006)」もあるようです。

とりあえす、「マウスも、貰っておきたい」ので、購入するなら「マウス付き」にしますが、お値段は「9,871円(amazon)」です。

Microsoft Arc Keyboard(J5D-00032)

「名称」に「Ergonomic」は付いておりませんが、「Microsoft Arc Keyboard(J5D-00032)」も気になっております。

「Microsoft」での参考価格は「4,700円(税抜)」となっております。

その他の「エルゴノミクス・キーボード」は、「Kinesis」「Goldtouch」「Perixx」「Matias」「Truly」などがありますが、この辺りの製品は、お値段が、けっこう「高い」です。

Kinesis Advantage

Freestyle2 Solo Keyboard

▼ Kinesis(上の画像)

Goldtouch Go!2

The Goldtouch V2 Comfort Keyboard

▼ Goldtouch(上の画像)

Professional Tastaturen

▼ Perixx(上の画像)

ergo pro

▼ Matias(上の画像)

Truly Ergonomic Mechanical Keyboard
SOFT TACTILE SWITCHES
Model 229

▼ Truly Ergonomic(上の画像)

 

「Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000」を購入して、個人的な「クセ」に気付きました。

「B」のキーを、主に「右手」で押しておりました。

「右手(親指)で『B』キーを押せなかった」コトで、気付きました。

「左手」と「右手」で、「キー」が別れているので、「右手親指」は「B」キーに届かなくなってしまったのです。

「左手親指」で「B」キーを押すコトもあるので、場合によって使い分けていたようです。

そんなワケで、個人的なお願いですが、「左右別れるキーボード」では、「B」キーを両方に付けて頂きたい。

といふワケにもいかないと思うので、「B」キーを「左手親指」で押すように、矯正しないといけません。

 

 

 

 

 

▲ このページの先頭へ